26
2012  07:45:48

引き寄せのプロセスのサマリ

flowerButterfly.jpg



きょうも私のブログにご訪問くださってありがとうございます。

Follow Your Passion, Find Your Power: Everything You Need to Know About the Law of Attractionの続きです。

イメージする


「引き寄せの法則」を勉強すると、感情がポイントになっているのに気づきます。希望する感情を先に体得してしまうと外の世界に現実となって現れる。この味わいたい感情を起こすのに、すでに現実化したことをイメージします。それも五感を総動員させてイメージします。そうすると、多分そこにエネルギーのフィールドができるのではないかしら。

このイメージするというのも、人それぞれ得意な感覚があるようで、可視化が得意な人、音で感じる人、体の感覚で感じる人、とあります。英語だと相手に確認をとるときに思わず口にする言葉、"did you see?"や"did you hear what I said?"、あるいは"did you feel?"の中でどのフレーズを使うかで分かるんですって。面白いでしょう? 最近、耳にしたことで、これは本書には書いてないです。日本語だとどうなるのかしら。「ちゃんと聞いてた?」というのは分かりますが、「分かった?」では、どれなのか分からないですねぇ。

抵抗をリリースすsる


とにかく、イメージするときに起こるマイナス感情などの抵抗を観察して、自分に合うツールを使って解消します。イメージできないというのも、抵抗の現れですね。

わたしもイメージがなかなかできなかったのですけど、最近、あることがあって、イメージはできた。そうすると、今度は恐怖心が起こってきて、これは大きなブロックだと思いました。きっかけを作った子供のころの出来事を3つも思い出しましたよ。どれも、fear of abandonment(見捨てられる恐怖)。分かっただけでも大きな進歩だと思います。あとはリリースですね。

子供のころの出来事がブロックになっていることは、よくあるみたいです。その出来事を思い出したときに、体に何らかの感覚が起こるということは、まだ癒えていない感情のエネルギーがあるので、リリースしないと、自分の波動に悪影響を及ぼします。

この癒えてない感情というのが、思い込みになっています。また、抵抗の種類として、まず"negative self-talk"、つまり自分はダメ人間だとか、できないとか、自分のせいじゃないとか、頭の中で繰り返し言い続けていることです。

人生で関わる人


次に人。それについて本書の文を抜粋してみます。

Every person in your life is somehow a physical expression of some aspect of yourself. Whatever the level of judgment, it speaks more of ourselves than of the person we're judging. That annoyance gives you some insight into areas of resistance you may not even know you have.

「あなたの人生で関わる人はみな、あなた自身のある局面を何らかの形で物理的に表現しています。その度合いに関わらず、批判は、自分が批判している相手よりも自分自身にあるものの方を伝えています。そのときに感じる苛立たしい思いは、自分が持っているとは知りもしない抵抗について、ある洞察を与えてくれます」

こちらの気分を害してくれる人というのは、結局、自分の中にも同じようなものがあって抵抗を感じるので、嫌な気分になるというわけです。自分でも知らないことを気づかせてくれる人だから、そういう人こそ感謝ですね。それから、誰かに、「そんなことできるはずがない」と言われたときは、それは相手の思い込みで、こちらには関係ないことだということをしっかり思い出すこと。

Anytime a person tells you what isn't possible for you, keep firmly in mind that this is their stuff.

結局、"Whose life am I living?"です。他でもない、あなたの人生でしょ、人の言うことに振り回されないで、ということでしょうか。

望む感情を起こすには


環境も同じです。振動に共鳴するものがあったから、環境に現れている。だから、善人に不幸が襲って不公平に見えても、何かしら共鳴する振動を起こしていたから。

Everything you put into your brain has an impact.

何を考えるかが感情に影響を与え、振動に影響を与えるからでしょう。だから、どのような振動を起こすか、感情を起こすかが、自分で選択しているということです。

望んでいることを思うだけでなく、紙に書くのは効果があるようですね。まず、書くことで、実体のない思考が形になる。次に、何を望んでいるかが明確になる。そして、他のどうでもいい思考でくらまされなくなる。

現在形で、感情を引き起こされるように表現するのがポイントです。

だから"I have a new car"というよりも、"I am exhilarated each time I step into my dream car"とか、"I love the smell of the soft, clean leather that fills my senses as I drive."という風に。

直感に従って行動する + 感謝


そして直感の導きに従って行動する。直感を養うにはやはり、メディテーションがいいみたいです。とにかく、常にビジョンをまず前に持ってきて、起こる抵抗をリリースしながら、直感に従う。

誰かが言っていましたが、直感、あるいは導きは誰でも常に受けているのだけど、導きを受けた何ミリ秒後にエゴが茶々を入れるので、分からなくなるそうです。それからまた別のところで聞いたのが、決断をするとき、それを体で感じてみる。自由に広がるような感覚がある方が導きで、萎縮するような感覚を感じる方がエゴの導き?なんですって。多分、自分の感覚を意識して観察していると、違いがはっきりしてくるのではないかしら。

直感なり導きなりで行動を起こしても、その結果にとらわれない。宇宙のプロセスを信頼していると、自然にようように展開していく。筆者はこんな風に言っています。

My life changed when I finally gave up trying to make sense of absolutely everything before I'd make a move.

それからもちろん、"Power of Gratitude"、感謝の力も引き寄せの大きな要素で、それは感謝するということは引き寄せたいものとエネルギーのレベルで共鳴するからです。

まとめ


ステップをまとめると、こうなります。

1 一日の初めに5分から10分、メディテーションなり他の方法で、ビジョンにひたる。このとき、ネガティブな思考や感情に注意する。

2 宇宙に次のステップをきく。

3 静に耳を傾けるように、直感にチューニングする。頭に浮かんだ考えを批判しないこと。

4 ほんのわずかな進歩でも、心から本当に感謝する。


関連記事

 引き寄せの法則

 引き寄せ プロセス

0 Comments

Leave a comment