04
2012  06:45:00

ささやかな「引き寄せの法則」の体験

shopping.jpg


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

「引き寄せの法則」、ちょっと体験しました。

最近、イメージチェンジしたいと思ってまして…

いつもはオーソドックスなんですけど、今度は花柄のフェミニンなワンピースが欲しいと思い立ちました。ちょうど、友人の結婚式に参列する予定もあることですし。

気に入ったワンピをネットで見つけました。でも、わたしのサイズが売りきれている。それで「引き寄せの法則」を試してみようと思い立つ。

まず、そのワンピースの画像をダウンロード。コンピューターのウォールペーパーにして自分が着ているところをいつもイメージしようと思ったんですけど、使っているデスクトップが古いバージョンのLinuxで、やり方がすぐに分からない。まあ、あとでしようと思って、それはそのままに。

それよりも、ピーコートが欲しくてこれもネットで見たらJC PennyかMacy'sに手頃なのがありそう。どのショッピングモールにあるかを確認して、いざ出陣。

まずMacy'sに行ってチェックを入れてから、JC Pennyに行こうとディレクトリーを見たらない。代わりにDillard'sを覗いてみることに。なんとそこでは、店じまいでもするのか、ディスプレーも何もなくて、どこかのアウトレットみたいにずらっと服が並び、買い物客が結構います。

広い。

とりあえずコートを探したけど、ないみたい。店員も見当たらない。あんまりショッピング好きじゃないので、もう帰ろうと思ってふと上を見ると、トイレはこちらというサインがあったので、トイレに行きました。トイレから出てきたところに、ちょっとグレードの高そうな服が並んでいて、結婚式参列に着られる服があるかもと見たら、花柄のワンピースが目に入る。

試着室のところには列ができていて、一時はあきらめかけたけど、他を探して、ぐるっと一周したら、ラッキーなことにちょうど新しく開けてくれた試着室を見つけました。レジーでお金を払って、何かちょっと安すぎないと思ってレシートを見たら、さらに50%引きになってました。ファイナルセールで、返品も交換もできないということですけど。

これって「引き寄せの法則」をうまく利用できた成功例じゃないかしら、なんて思ってます。大した経験ではないですけど、わたしにとっては大きいです。だから嬉しい!小さなことから始めて、体験を作って信念につなげる、これですね。

とにかく自信喪失になってました。それに、浮き沈みがあって、大変でしたね。だから、それこそ、いろんなことをやりました。またそれが中途半端で、自分が嫌になったりして。ある時、もう止めたと思ったんです。家族や過去のことや現状で、自分で勝手にストーリを作り上げてますます落ち込むようなことは。

もう放してしまったら楽になると気づいたのかしら。放とうと決心したら、なんだか心が軽くなって、特に環境は変わってないのですけど、ウキウキしてきました。そうすると、自分に自信が出てきて、いろんな夢も可能に思える。英語でよく言う、"I deserve"という実感が湧いてきました。Louise Hayなんかも言ってますが、自分には~する価値があるという気持ちがないといい事を引き寄せるのが難しくなります。

今年のわたしの目標は、放つ達人になること。つまり、楽になることです。そうすると、自然に波動が上がって、よいものと波長が合うのだと思います。




関連記事

 引き寄せの法則

0 Comments

Leave a comment