07
2017  07:43:27

直感力の優れた人がやっている10の方法

meditation.jpg
Designed by Freepik


いつも、直感力を磨きたいと思っています。頭で考えることは限界がありますものね。さて、きょうは、しばらく前のHaffington Postの記事ですが、そちらをご紹介したいと思います。

まず、直感力の定義について、"The Art of Intuition"の著者、Sophy Burnhamの言葉が引用されていました。こちらです:

It’s different from thinking, it’s different from logic or analysis ... It’s a knowing without knowing.
直感力は思考と違いますし、理論や分析でもありません。それは、知らないで分かることです。
(日本語にすると余計に分かりにくいですね。英語でそのまま理解した方がいいと思います)

Haffington Postの創始者で2016年まで編集長だったArianna Huffington(アリアナ・ハフィントン)の著書"Thrive"からの引用もありました。人生の岐路に立って、どうしたらよいかと内なる導きを求めようとするとき、直感はいつもそこにあって方向を示してくれるのだけれども、聞き取れないときがあると。

誰にでもある直感力ですが、人によって直感のいい人とそうでない人がいます。また、同じ人でも、働くときと働かないときがあります。不思議ですよね。おそらく、そのときの意識レベルや心境、どれだけ自分のハイヤーセルフにつながっているかにかかっているのだと思いますが。

記事では、直感力の優れた人がやっていることを10個まとめてありました。

1)内なる声に耳を傾ける

Everybody is connected to their intuition, but some people don’t pay attention to it as intuition.
誰にも直感があるのですが、人によってはそれが直感だと思わず注意を払いません。

成功した起業家やCEOなどは、直感力が優れているというのを聞いたことがあります。彼らはいつも素早く決断しなくてはならないので、おのずと内なる声に耳を傾けるようになったのでしょう。

最善の決断をするには、直感と合理的な思考とのバランスを取らなければなりません。

でも、心が感じることと、頭で結論されることが違うと悩みますね。そんなとき、どうしますか? わたしは、最終的に心で感じることを優先させることが多いと思いです。でも、心で感じることが、ナチュラルにそう感じるのか、恐れや思い込みから来ていないか判断するのが難しいときがあります。オラクルカードやペンジュラムを使ってみたり、すぐに決めなくてよいなら、一旦、そこから離れます。ふとしたときに、分かってしまうことがあるからです。

2)一人になる時間を作る

自分の直感につながりたいなら、一人になる時間を持つことが大切です。周囲の雑音から離れると、内なる声が聞きやすくなるから。

瞑想がよさそうですね。あとは、自然に接すること。散歩やハイキングはどうでしょうか?

3)クリエイティブなことをする

クリエイティブな人に直感の優れた人が多いそうですが、逆にクリエイティブな活動をすることで、直感力に磨きがかかります。なるほど。

クリエイティブかどうか分かりませんが、大人の色塗り、いいのじゃないかな。あと、絵を描いたり、楽器を弾いたり、ダンスをしたりなどですね。

4)マインドフルを実践する

Mindfulness can help you filter out mental chatter, weigh your options objectively, tune into your intuition and ultimately make a decision that you can stand behind completely.
マインドフルネスを実践すれば、雑念をフィルターアウトして客観的に選択肢を検討し、自分の直感に注意を払い、最終的にこれだと確信できる決断をするのが容易になります。

マインドフルネスって何となりますが、次のように説明されていました。

Paying attention to one’s current experience in a non-judgmental way.

何の批判もせずに、今経験していることに注意を払うこと。

5)すべてを観察する

あらゆることを観察して「気づく」ことです。これは、上の4のステップから続いていますね。これには、無心になることだと思います。何か他のことを考えていたり気を取られていたりすると、気づけませんもの。

マインドフルで観察すれば、ちょっとしたシンクロに気づいたり、あ、そういうことなのかと合点することができます。自分の思考の動きや感情の移り変わりを観察するのも面白いですよ。新しい発見が出てきます。

6)体で感じていることに注意する

直感力のある人は、自分の体が感じていることに敏感です。

英語では'gut feeling'といって、内臓(特に胃)が感じるみたいな表現をしますが、日本語では胸騒ぎになるのかしら。言語は違っても同じ人間だから感じるところは同じだと思うのですが、片方は胃腸で、もう片方は胸というのはどういうことかしらん。でも、胸騒ぎという感覚を考えてみたら、みぞおち、胃の辺りの感じがするなあ。

このgutですが、第2の頭脳とも言われているんですね。

7)他の人と深いところでつながる

エンパスのことみたいですね。他の人の感情やムードを敏感に感じ取り、ときには他人が感じていることを自分の感覚だと思ってしまうこともあるのすが、エンパスの人、日本人に多いって聞きましたよ。

自分がエンパスだと気づいていない人もいるようです。わたしでした。サイキックの人に指摘されて、そうなのかなと観察してみて、そうかもしれないと。ただエンパスにも種類があるようで、わたしのは、多分、相手の思考が分かってしまうタイプだと思います。何にも考えていないのに、突然、相手の思っていることが分かってしまうということありました。

誰かと対面して話しているとき、相手の表情や声のトーンなどを注意深く観察することでエンパス(共感能力)を高めることができるそうです。

8)自分の夢の内容に注意を払う

これは自分の無意識の思考プロセスに触れる方法です。夢も直感もどちらも無意識の領域から来るので、夢から直感の情報を得ることができるのです。

でも、まず夢を覚えていないことには始まりませんよね。これは、寝る前に自分に夢を覚えている暗示すると、割と覚えていられます。と偉そうに言ってますが、まだ断片しか覚えられないので意味不明です(笑)。

でも、かなり前に、夢の日記をつけていたことがあるのですが、2003年のころ、連日、日本で生活している夢を見ていたんですよね。あのとき、日本に帰っていたらよかったのかなと思ったりします。まあ、過ぎたことですが。

9)休息の時間を十分に取る

いつも忙しくして、マルチタスキングをやったり、スマートフォンや他のデバイスにずっとつながっているという状態では、直感力を抑え込んでしまいます。これは、現代人の課題ですね。

やっぱり瞑想、散歩ですね。ぼっーとする時間、ペットと遊ぶ時間を確保しなくては。

10)ネガティブ感情を手放すように心がける

強い感情、特にネガティブな感情は、直感力を曇らせてしまいます。気が動転しているときは、我ここにあらずという感覚を味わうものですが、直感からも遮断されています。

Your intuition will fare better if you’re able to mindfully accept and let go of negative emotions for the most part, rather than suppressing or dwelling on them.
大抵の場合、ネガティブ感情を押し込めたり、いつまでもそれに囚われたりしないで、受け入れてから手放すように心がけることができれば、あなたの直感はよく働くでしょう。

ネガティブ感情を抵抗せずに、一旦、受け入れるということがポイントだと思います。そして、手放すですね。





関連記事

 直感

 直感力 鋭い人

0 Comments

Leave a comment