13
2016  08:23:18

魂が仕組む計画には目的があるー"Meet Your Soul"から

Meet Your Soul: A Powerful Guide to Connect With Your Most Sacred Selfの続きです。前の記事はこちらです。

魂の計画


人は、生まれてくる前に、両親や場所、自分の肉体も含む主な環境を選択すると言います。人生の課題を選んだあと、それに必要なテキストやカリキュラムを組む感じですね。著者は、これを"Soul orchestration"と言っています。「魂の仕組んだ計画」といったところでしょうか。

ときに、この計画によって、わたしたちは苦難や苦痛を経験することがあります。特に、この地球での生活は決して生易しいものではないので、どんなに無意識に生きている人でも「スピリチュアルなロックスター」だとスピリットは言っているそうです。

人間として生まれるということには、厳しい現実が付いてきます。苦痛から一番効率よく学べるということ。

It's hard to teach an old dog new tricks---and the ego is the oldest dog around. Pain is an extremely efficient motivator.

老犬に新しい技を教えるのは難しい。エゴは一番年の入った老犬のようなものなのですね。苦痛は、極めて有効なモチベーターです。だからといって魂がサディストというわけではなくて、覚醒したいという強い望みを持たせようとしているのです。

苦労して習得するのは"spiritual night vision"です。"night vision"は、暗闇でも見える視力ですね。困難な暗闇の中で意義を見出すことができ、導かれているのが感じられます。

著者はクライアントの例を2つ挙げ、説明していました。整形手術で鼻が崩れ人相が変わってしまったケースと、子供が死産で生まれたケースです。どちらもかなり大変な経験ですが、それぞれに大きな学びがありました。

Dark Night of the Soul


人生で試されるときというのがありますが、そんなとき、「わたしの魂は、どんな目的でこの試練を投げかけたのだろう」と聞く必要があると言います。この状況でないと学べないこととは、一体何なのだろうと。

これをやると、エゴの被害者妄想に毒されることもなくなります。「どうしてわたしがこんな目に会うの」と思わなくて、自分の人生を客観視でき、何が課題なのだろうと探偵するみたいで、苦痛も半減しますよ。

試される度合いにもいろいろありますが、極めつけは"dark night of the soul"といわれるものです。

Sometimes our Souls orchestrate a test so great that it will make us question our faith, our sanity, and our Soul's plan. It will grind us to our core.

These are not the small---or even large---daily problems of the ego but incredible tests of spiritual stamina. In fact, the point of the test is to grind us down. This period of testing is known as the dark night of the Soul.


神も仏もあるものかという心境、自分が正気なのか、これが魂の計画なのかということも疑わしく感じられる状況です。これは、日常のエゴが作り出す問題のレベルではなくて、精神の耐久力を試される大きな試練です。すべてが砕けて、自分の核の部分だけにされます。

これは、本当の自分に合致しないものをすべて取り払うのが目的です。絶望感を味わいますが、わたしたちを変容させる魂のプランです。何かが自分の中で死んだように感じるのも、古いものが死んで新しい人生が始まるからです。

この"dark night of the soul"の期間は、自分より恵まれているように見える他の人の人生と比較しないことが大切です。また、スピリチュアルの楽観主義者からアドバイスを受けるのも避けた方がよいと。この期間は、現実やスピリチュアル的進化を無視するために「引き寄せの法則」を使うのもNGです。

魂との関係を築く


As you build your relationship to your Soul, you become Real as well.

You begin to emit a sense of inner strength as you realize that your identity is not dependent on external circumstances, but on the relationship with the part of yourself that is eternal.


魂との関係を築いていくと、本来の自分に戻っていけるようですね。自分というものが外部の環境によって左右されるのではなく、自分の中の永遠である部分との関係で決まると悟るにつれ、内なる強さが出てきます。

自分の魂と関係を密にする方法がいくつか挙げられていましたが、中でも魂とのランデブーは楽しそうです。

半日か丸一日、自分の魂とデートする日をあけます。ランデブーのときは、自分の頭で考えずにすべてを魂に導いてもらいます。どこのレストランに行きたいか、何がしたいかを魂に確認し、買い物するときにも選んでもらいます。

子供心に戻るような感じですよね。大人になるにつれて、本当にやりたいことを抑えてしまい、何がやりたいのかも分からなくなってしまうということは多々あるのではないかと思います。

幼い子供は自然に自分の魂と密な関係にあるのに、大人になるにつれ、離れてしまうのかなと思いました。ときには、魂とデートの日を設けて本心に従って振る舞う時間を作るのはいいですね。




関連記事

 魂/ハイヤーセルフ

  計画

0 Comments

Leave a comment