19
2015  05:04:07

人間関係に変化や終わりはあるけど失敗はない|オリンの"Soul Love"から

separation.jpg


原書:Soul Love: Awakening Your Heart Centers
訳書:魂の愛

オリンの「魂の愛」の続きで、最後は、関係の変化と終わりについてのところを見ていきたいと思います。

人間関係の変化


人間関係の変化ですが、これは世の常ですよね。とりわけ、スピリチュアル的に考え方などが変わったりすると、今まで心地よかった関係が、少し違うなと感じることがあります。みなそれぞれ変化、成長しているわけですから、少し寂しく思うことがあっても仕方がないでしょう。自分と同じように成長している人もいれば、そうでない人もいるでしょうし、自分とは違う方向に拡張していく人もいます。

また、ハートセンターが目覚めるにつれ、自分が愛されていないとか受け入れてもらえないと感じる部分を癒そうとするそうです。こうして、本来の自分を取り戻してくると、 自分を取り巻く関係もそれに反映したものを望むようになります。愛があり、自分を高め、サポートしてくれるような関係です。他の人より劣っているとか、自分が可哀想だとか、被害者意識をあおるような関係に関わるのを敬遠します。

愚痴るばかりで何も改善の努力をしない人や、いつも不幸の主人公のように振る舞ったり、何かと不満を見つける人と時間を過ごしたくないと思うようになります。その代わりに、人生を楽しみ、貢献し、成長していく人と一緒にいたいと思うようになります。

ときには、一緒にいて学ぶべきことはすべて学んだので、関係を変えたい、あるいは終わりにしたいと思うこともあるでしょう。これは、その関係の高次の目的が達成されたということかもしれません。あるいは、自分に何らかの害を及ぼすから相手を放つ必要があるからかもしれません。もっと距離を置いて、物理的に一緒にいないようにする必要があるかもしれません。

関係を変える、終わりにする、会う機会を減らすという前に、魂レベルでリンクして調和し、魂の愛を放射するとよいようです。外界の形がどのように変わっても、互いの魂のつながりには敬意を表します。

魂の磁石


魂には磁石の働きもあるそうです。一方で、ある種のエネルギーを引き寄せ、他方で別の種類のエネルギーを遠ざけます。 ただ、まだ自分のエッセンスに適さないエネルギーをはねつける能力を発展させていない場合、自分の人生をコントロールするような強い相手と関係に入ったりしますが、これも成長の過程です。

自分の魂と融合して、自分に合わないエネルギーを遠ざける力を強化させることができます。魂が磁石の力を強めると、愛の中心であるハートから、自分の波動よりも低くて重いエネルギーをはねのけるようになります。宇宙から受け取ったエネルギーで自分に合わなくなったものを放っているところを想像しましょう。

魂は、自分にふさわしくないエネルギーを知っています。それを手放すことで、より美しく完全な光になります。自分の魂と融合して、相手から受け取ったふさわしくないエネルギーを放ちましょう。ある種の考え方や感情、信念などがそれです。ふさわしくないエネルギーを放ったら、相手とソウルリンクして、互いの間にある純粋な魂の愛の光を感じましょう。

こうして、目に見えない世界で本来の自分と合わないエネルギーを放つと、外界に写る関係に変化が現れます。その変化がどのようなものであっても、相手を魂のレベルで愛しましょう。

関係に失敗はない


たとえ関係が終わっても、失敗ではありません。すべての関係はうまくいったと見ることができます。

You are changing the form of your relationship because it feels right, because you know the time has come, and because you know deep within that it is the best thing to do.

関係の形を変えるとき、それが正しいことだと感じたり、その時が来たという感覚、または、それが最善のことだと心の奥底で知っているからです。

ただ、自分がハッピーでないとき、何かうまくいかないことがあってストレスを感じているとき、関係を変えれば変わるだろうと思うことがあります。だから、もし自分がハッピーですべてが順調にいっているとき、この関係を変えたいだろうかと自問してみるとよいそうです。また、相手に何かを期待されているという重い感じから逃れたいと思っているとき、きちんと限度を決めて相手の期待にそわなくてはという思いを止めることができるならどうだろうと考えてみます。それでも、相手から離れたいだろうかと。

誰かが離れていこうとしていたり、すでに離れていったとき、どうしたら相手を引き戻せるかということにいつまでも頭を悩ませないようにということです。その場合、相手の行動が、自分の中のどの部分を反映しているか考えてみましょう。自分はどんな風に関係から遠ざかっていたか。互いに鏡のようなものですから、相手が離れようとしているとき、こちらもどこかでその関係から離れようとしているところがあるのでしょう。

たとえ今は想像できなくても、相手が離れていったことは、双方にとって最善のことだったのかもしれません。もっとぴったりの相手と一緒になれるように自由にしてくれたかもしれないし、自分の人生に注ぐ時間や自分の魂を知る機会を与えてくれたかもしれません。

別れの悲しみにくれているときは、なかなかそういう風には思えないですよね。でも、悲しみは時間がたつと薄らいでいきます。こうすればよかったみたいな自分を苦しめるような思いで長引かせないことです。ただ悲しむだけに没頭し、自分をいたわり、優しくします。そして、時間はかかりますが、しばらくすると、これでよかったんだと思えるときが来るのだと思います。

Remember and affirm that nothing ever leaves unless something better is coming.

もっとよいものがやって来るのでなければ、何も離れていかないことを思い出し、そして自分に言い聞かせるように。

これはすごいです。何かが離れていくということは、別のよいものがやって来るということなんですね。何があっても、必ずよくなるです。わたしたちは、ともすれば、近視眼的にしか物事を捉えることができないので、何だか人生の大不幸が起こったような気になることがありますが、魂のレベルで見ると、必ずすべてうまくいくようになっているのだと思います。


関連記事

 魂/ハイヤーセルフ

 人間関係 変化 オリン 魂の愛

2 Comments

ぴーちくばー1223  

Re: はじめまして

坊主おじさん、コメントありがとうございます。
つたないブログが少しでもお役に立てて嬉しいです。

それからサイキックのColette Baron-Reidが
"What is yours can never be taken away."と言っています。
「あなたのものは、決して奪われることはありえない」という意味ですが、
わたしはこの言葉にも励まされました。

2016/02/26 (Fri) 12:20 | EDIT | REPLY |   

坊主おじさん  

はじめまして

はじめまして。
坊主おじさんと申します。
どうぞよろしくお願いします。

別れの悲しみで苦しんでいたところ
こちらのブログを読ませていただき
癒されました。
『もっとよいものがやって来るのでなければ、何も離れていかない』
この言葉から、生きる勇気をいただきました。
ありがとうございます。

2016/02/25 (Thu) 23:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment