27
2015  06:54:57

人間関係の原理を知ると観点が変わる|オリンの"Soul Love"から

原書:Soul Love: Awakening Your Heart Centers
訳書:魂の愛

前回の続きで、"Soul Love"を読んでいます。

人との関係にはそれぞれ高次の目的があります。相手の魂とソウルリンクをしたり、自分の魂に問いかけることで知ることができるそうです。詳しい方法は、本書に載っています。

相手に対するイメージは伝わる


ところで、人間関係はおもしろいです。相手によって自分の態度が変わったり、こちらの予測したように相手が動いたりというのはあるんですね。何となく相手が自分のことをどう思っているかというのは感じることができます。そうすると、それに従って行動してしまうということ、ありますよね。

次の文がなるほどと思いました。

Your thoughts and actions draw certain behaviors from people. If you constantly review how others caused you pain, they will receive your pictures and live them out by creating more of the same.

こちらの思考や行動が、周囲の人からある態度を引き出します。もし、相手によっていかに苦痛を味わったかということを常に思っていると、相手はそのイメージを受け取り、ますます同じことを創造してそのイメージを現してくれるそうです。

こちらの相手に対するイメージは伝わるし、相手に影響を及ぼす力があるということですね。

人間関係の原理1


人間関係の重要な原理です。

A very important principle of relationship is that you cannot change another person; you can only transform yourself. Punishing, withdrawing, or trying to make people do what you want only strengthens their resistance. It turns your power over to others, making them the source of meeting needs rather than yourself.

他の人を変えることができないということですね。変えることができるのは自分だけ。罰したり、身を引いたり、こちらの思い通りにさせようとすれば、相手はますます抵抗します。ニーズを満たすのに、自分自身をソースにするのでなく、相手に求めれば、相手にパワーを引き渡すようなものだと言っていますね。

人を変えることはできません。でも、相手の態度への自分の反応は変えることはできます。本書では、代わりに、相手の魂を受け入れて愛するようにとありました。

相手の態度を変えなければという思いを手放せば、相手が抵抗から解放されて、もっと愛のある行動を取るのが容易になります。でも、そういう期待も手放します。

人間関係の原理2


人間関係は鏡のようなもので、自分に起きているドラマを写し出してくれるそうです。つまり、他の人が自分に対して取る態度というのは、自分が自分自身に対して取る態度の反映だそうです。

People treat you the way you are treating yourself.

誰かが自分を退けているなら、自分の中で、自分自身か自分の魂を退けている部分があるということです。心の底からの催し、あるいは感覚的に感じるものを退けているのかもしれません。誰かが壁を作ってこちらを受け入れてくれないなら、自分の人生のどこかで壁を作っていないか考えてみましょう。誰かに無視されたり批判されたりしたなら、自分自身を無視したり批判したりしているところを探してみましょう。

イナーワークですよね。自分の願いや自分自身を大切にするように変わったら、外界も変わります。それでも態度が変わらない人がいたら、自然に、もっと違う扱いをする人と交流するようになるらしいです。

今度は、こちらの相手に対する態度です。

他人に何か落ち度を見出したり、批判するような思いが起きたときは、いつも、それが自分にどう当てはまるかを考えるようにと。相手は、自分の中の何かを演じてくれていると思って、自分の批判していることをどこで自分がやっているか自問してみましょう。

これは勇気がいりますよね。自分の嫌なところは見たくないですもの。でも、謙虚になってやってみようかなと思います。

魂と同じように愛するということ


You can love others as your soul does by allowing them to be responsible for their own lives.

魂が自分を愛するのと同じように、他の人も自らの人生に責任を持つ自由を与え、愛します。これは、その人の世話をし、生活を心配し、問題を解決してあげるのとは違います。そんなことをすれば、こちらが大変なエネルギーを使ってしまうので、自分自身の人生とスピリチュアルの道に割けるエネルギーがなくなってしまいます。

他の人を救うことを止めれば、相手に費やした時間とエネルギーを思って起こる不満や腹立たしさを手放すことができます。相手の問題を解決してあげる代わりに、相手とソウルリンクをして愛を放射します。戸口や、光の道などのイメージを送り、相手が愛と光で包みます。その人に、力と知恵、強さがあることを認めます。

彼らが自分で引き起こした問題で苦しんでいるのを見て、それを救うのは拒むのは、愛がない行為のように見えますが、魂の愛はいつも優しく、何でもしてあげるというものではありません。ときには、相手の問題を解決したり、相手から取り除くよりは、その人に自分で解決させる方が、もっともその人のためになる高次な行為になります。

+++++++++++
本書はあともう1回、見ていきたいと思います。

関連記事

 魂/ハイヤーセルフ

 人間関係 オリン 魂の愛

0 Comments

Leave a comment