25
2015  07:13:46

ヴォルテックスの中に入るには

dreamy-vortex.jpg


The Vortex: Where the Law of Attraction Assembles All Cooperative Relationships

今回で本書のサマリーは最後です。

ヴォルテックスの中に入るとは


"vortex"は英和を見ると「渦」で、英英で見ると"the shape of something rotating rapidly"でした。本書を読んでみると、ヴォルテックスというのは、波動の渦巻きのようです。しかも周波数が高い。つまり、高速で回っています。

二元性のコントラストの世界で、不快な経験をすると願望が生まれます。それが、ロケットのように発射されてソースに届きます。すると、ソースがその願望にそった波動の現実を用意してくれているということなのですが、これがヴォルテックスにあるようです。

このヴォルテックス、波動なので肉眼では見えません。でも、自分の願望するものを引き寄せるには、この波動の中に入らなければいけない。

ヴォルテックスの中にいるか外にいるかは、自分の感情で知ることができます。簡単に言えば、プラス感情なら中、マイナス感情なら外です。また、たとえ外にいても、感情の種類によって、ヴォルテックスに近いか遠いかが分かり、思考によって意図的に感情を変えながらヴォルテックスに近づき、最終的に中に入ることができます。

ヴォルテックスの中に入るとは、自分の望むことに抵抗せず、アライメントすることです。一般には、このヴォルテックスを出たり入ったりしているようですが、ヴォルテックスの中にいる時間を長くキープできれば、望みは物質界に顕現されます。抵抗をなくすのが一番難しいですよね。そんなこと、叶うはずがないと思っているうちは、抵抗しています。

再びヴォルテックス


エイブラハムがヴォルテックスについて箇条書きで説明してくれていました。

・ あなたは、肉体として生まれる前は、ヴォルテックス内にいました。

・ あなたであった意識の一部が、今、自分として知られる肉体に注意を向けています。

・ あなたの人生のコントラストが、拡張のロケットをヴォルテックスに発射します。そこには、より大きなあなた、肉体でないあなたがいます。

・ ヴォルテックスは、改善と拡張のためのポジティブな要求だけを保持し、改善と拡張に反する思考は何も保持しません。

・ 「引き寄せの法則」は、純粋で抵抗のないヴォルテックスの波動に応え、創造の完了に必要な波動に合致しサポートする要素を集めます。

・ あなた自身が、あなたの創造の要素の一つです。

・ 実際には、あなたが、あなたの創造なのです。

・ だから、ここで問わなければいけないのは、次の質問です: あなたは、今、このとき、肉体の形で、あなたの創造の波動に合致していますか? 

・ 今、このとき、創造したい対象を思ってあなたが感じたことが、その答えです。

・ 怒りを感じているなら、波動に合致していないので、ヴォルテックスの外です。

・ 感謝を感じているなら、波動に合致しているので、ヴォルテックス内にいます。

ここで、意味深なことを言っています。人をヴォルテックスの外にキープする思考や思い込みの習慣の中で最たるものは、自分自身への評価に欠けることだと。やっぱり、自分を好きにならなければいけないですね。

抵抗の解消


エイブラハムは、"focus wheel(焦点の輪)"を紹介しています。まず、大きな円を描き、中心に小さな円を一つ、その周囲に、時計の文字盤のように、12個の小さな円を描きます。

中心の円には、自分の願望を、周囲の円にはそれに近づくような思考で自分の信じられることを書いていきます。だんだん勢いにのって、感情もプラスに上昇し、さらにポジティブな思考がわきという上昇のスパイラルで、願望の波動に近づいていきます。

個人的には、この方法、わたしに向いていないのですよね、。一つには、面倒だから。12個も思考を書き出すなんてと。わたしは、怒りの感情を手放すのに苦労していますが、この間、かなり強くその感情が沸いてきました。かなり激しいエネルギーでした。なので、感情にまかせて、あるものをズタズタに引き裂いた。全部は解消されませんでしたが、かなりすっきりしました。

聞くところによると、アセンション(次元上昇)に伴い、浄化の波が押し寄せているそうです。今まで押し込められていたネガティブなエネルギーが浮上するのはそのため。抵抗しなければ、浄化されやすくなっているそうです。感情が湧き上がってきたとき、その背後にあった思考を再始動させないこと。そうすると、また感情が強化されてしまいます。感情は、一つのエネルギーと捉えて切り離す。なぜこんな感情が起こるのかなどと考えない。

いきつ戻りつでですが、少しずつ手放せているような気がします。あとは、普段の生活でささやかなことでも、楽しむようにしています。そして、問題と見えることは、クリエイティブな解決法を見つけるチャンスだと捉えるようにしています。そこから、別の新しい世界が開けていくかもしれないし。


関連記事

 The Vortex

 ヴォルテックス エイブラハム

0 Comments

Leave a comment