27
2015  08:20:11

理想の相手を引き寄せる心得と早道|エイブラハムの「ヴォルテックス」から

coupleWhiteShirts.jpg
Designed by Pressfoto / Freepik

The Vortex: Where the Law of Attraction Assembles All Cooperative Relationships

前回の続きで理想のパートナーについてです。

自由でいたい


理想の相手は探しているけど、それよりももっと強い願いは、自由でいたいという気持ちです。ただ、自由でいたいという願いは、裏を返せば、いい気分でいたいということ。それには、内なる自分と完全に一致していることが基本です。

少しでもよい気分がしないとき、何か問題があるのを知っています。そして、その理由を見つけようとします。よくあるのは、その理由は自分と関係を持っている相手にあると見ること。相手が変わればこちらの気分が改善されると思うけど、相手は思うように変わってくれないから、不自由を感じる。こうして、もっとも大きな願いが満たされないから、関係が壊れてしまいます。

どんな相手でも、こちらの思うとおりに行動し、感情を安定させてくれるのを期待するのはできない相談で、そもそもそんなことを思って関係に入るのは誤った前提に基づいているから、いずれ失敗するということですね。自分がよい気分でいられるようにするのは自分の仕事で、誰の責任でもありません。そこから、相手に左右されない真の自由が得られます。

よい気分が継続できる関係は、双方がそれぞれ自分のソースとつながって満足しているときに起こります。この内なる自分との関係に代われる関係はありません。

There just is not another person who can love you enough to compensate for your lack of alignment with Source.

ソースとのアライメントができていないなら、それを補えるほど愛することは誰にもできません。そんな相手はどこを探してもいません。

ソウルメイト


エイブラハムは、物質界に生まれる前に、共に創造する目的で特定の関係を持つ約束をする相手はいると言っています。ただ、その相手との出会いに自分のアライメントを託すのではなく、まず、継続して自分とのアライメントを保てるようになって始めてソウルメイトを引き寄せることができると言います。

たとえ、その相手が実際に目の前にいても、自分のソースとつながっていなければ気づきません。

満足する相手が見つからないとき


パートナーと一緒になりたいと思っているけど、これは駄目、あれは駄目と、選り好みばかりして相手を見つけられない場合について。それは、好ましくないことに注意がいっているから、好ましくない性質の人を引き寄せて、好ましい性質の人が寄って来られないそうです。

ポジティブな面を見る習慣がついている人は、他人にも自分にもポジティブな面を見つけます。ネガティブな面を見る習慣がついている人は、他人にも自分にもネガティブな面を見つけます。そうすると、他人を批判する人は、自分のことが本当には好きでない人だと言えるでしょう。

Whenever you see those who are very critical of others, you are actually seeing people who do not like themselves.

これはドキッとさせられますが、真実だと思います。他人に対してかなり批判的な人は、本当は自分のことが嫌いなんですね。さらに、偉そうにする人は、内なる自分とアライメントしていないことからくる欠乏感や不安を隠すために、そんな態度を取ることが多いそうです。

自分のことが本当に好きで、内なる自分と調和していれば、みんないい人だと自然に思えます。そうすると、次々に素晴らしいことが流れてくるそうです。

思う人から思われず、思わぬ人から思われる


このよくあるパターンは、大抵の人が、理想の相手を探すのに、まず嫌な特徴のリストを作って、それに合う人を除外して理想の人にたどりつこうとするために起こるそうです。

相手に望まない特徴を思ってそれが波動の主流となってしまうと、「引き寄せの法則」で、そういう特徴の人を引き寄せるからです。だから、自分が何を考えているかに気をつけて、現在の関係でポジティブな面を考えるように訓練しなければなりません。

いろいろな関係を体験したり観察してきた過程で、自分が嫌だと思うことがはっきりしてきます。そして、その反対の自分の好むことがリクエストとして発せられ、自分にとっての理想のパートナー像が作られます。このとき、この好ましいバージョンの方に専念して注意を向けることができれば、そういう人が引き寄せられてくるでしょう。

理想の関係を引き寄せる早道は


一時的な関係にあろうとも、あるいは、相手が今いないという状況であろうとも、現在、自分が置かれている場所に感謝することを見つけるのが一番の早道だそうです。

今の状況でポジティブな面を探すとき、現在の状況をそのまま望むものの波動と合致させることができるからです。今、置かれている場所でよい気分になるのが、ますます状況がよくなる早道です。

「隣の芝生が青い」のは、多くの人が、自分の状況に愚痴をこぼす強い傾向があることの現れです。これは気をつけないといけないです。感謝していると思っていても、気づくと、誰かに愚痴をこぼしていたり、なぜ、どうして、と頭の中で愚痴っていたりしています。気づいたときに、切り替えていくしかないですね。




関連記事

 The Vortex

 エイブラハム ヴォルテックス 理想の相手を引き寄せる

0 Comments

Leave a comment