19
2015  03:04:56

ダライ・ラマが驚く人間の不可解な性質

Collective Evolution(collective-evolution.com)というサイトに載っていたのですが、誰かがダライ・ラマに「何に一番驚きますか?」という質問をしたところ、こんな答えが返ってきたそうです。

“Man surprised me most about humanity. Because he sacrifices his health in order to make money.Then he sacrifices money to recuperate his health. And then he is so anxious about the future that he does not enjoy the present; the result being that he does not live in the present or the future; he lives as if he is never going to die, and then dies having never really lived.”

お金を稼ぐために健康を犠牲にした後、健康を取り戻すためにお金を犠牲にする。そして、将来を心配するあまり、今を楽しまない。結果は、今も将来も生き切ることがない。まるで死などないように生きながら、人生を本当に生きることなく死んでしまう。

こうした人間性に、一番、驚かされると答えています。何だかブラックユーモアみたいでちょっと可笑しいのですが、言えていますね。こんな風に言われると、「本当に何をやってんだか」と笑ってしまう一方、ハッとするんですよね。

人間って、荷車の前ではなく後ろに馬を付けるような、逆のことをやる傾向があるようです。

こちらがMichael Ellnerという人の引用です。

“Just look at us. Everything is backwards, everything is upside down. Doctors destroy health, lawyers destroy justice, psychiatrists destroy minds, scientists destroy truth, major media destroys information, religions destroy spirituality and governments destroy freedom.” – Michael Ellner

ちょっと観察してごらん。すべてが逆さまでひっくり返っている。医者は健康を損なわせ、弁護士は正義を失わせ、精神科医は心を打ち砕く。科学者は真実を粉砕し、主要メディアは情報を抹殺し、宗教は精神性を破壊させ、政府は自由を崩壊させる。

日々の忙しさや生活に流されてしまいがちですが、ときには、こうした名言を復唱して、心のバランスを取り戻すようにしたいと思いました。

今を生きているか、大切なことを見失っていないかどうか、そして、社会のあり方をそれが当然だとそのまま受け入れていないか、ときには立ち止まって考えるようにすれば、間違った方向に突き進むのを避けられるのではと思います。人生を後悔しないためにも。

関連記事

 人生の意義と幸福

 ダライ・ラマ 人間性

0 Comments

Leave a comment