11
2014  03:11:58

人生に行き詰まりどうしてよいか分からない時|正しい質問で導きを受ける

personQuestion.jpg
Freepikによるデザイン


原著:Listen: Trusting Your Inner Voice in Times of Crisis

以前にもご紹介した本です。著者は、誰もが持つ直感を磨く方法を本書で教えてくれます。特に、人生の危機に際して使える方法で、実例も示されていて分かりやすいです。

人生でどうしていいか分からないときがあります。そんな時は直感日記をつけることを著者は薦めています。

日記の役割


リアという女性の実例がありました。彼女は、3番めの子供を妊娠していたとき、夫が浮気しているのを知ります。夫は離婚は望んでいませんが、その女性と別れることもしたくありません。リアとしては、離婚するしかありませんでした。

まだ5ヶ月の息子の世話をし、両親の離婚で不安になっている8歳の娘の支えになり、しかもフルタイムで働いていたそうです。精神的にもピンチです。別れた夫は、浮気の相手と再婚しました。人生で最悪のときに、さらに追い討ちをかけることが起きました。

階段から落ちて、肘、膝、くるぶしの骨を折って入院することに。長期間にわたるリハビリが必要なため、子供たちの世話ができず、最も困難な決断を下さなければなりませんでした。別れた夫に子供たちの養育権を渡すことです。

それから、ソーシャルウォーカーの薦めもあって、日記をつけるようになりました。少しずつ、絶望の状態から立ち上がります。日記をつけているうちに、内なる声(直感)を感じるようになります。ペンを走らせていると、自分を励ますようなメッセージが頭に浮かぶようになりました。

著者によると、日記は、自分を発見する一つのメディテーションになるようです。魂を映し出す鏡のような役目をして、複雑な感情を安全に解き放ち、自分を理解するツールになるそうです。

人は苦しいとき誰かに聞いてもらいたいと思いますよね。自分の経験から分かるのですが、あまり大きな問題でなければいいですが、このリアのように人生の危機にぶつかったときは、人に聞いてもらうのはかえって逆効果のときがあります。まず第一に、自分と同じ経験をしていない相手では、理解してもらえません。なので、向こうから返ってくる言葉は空ろに響き、ますます孤独感をつのらせてしまいます。

そんなときに、紙に書くことは感情のはけ口になるし、自分の魂またはハイヤーセルフと対話の糸口にもなるのかなと思います。

直感を引き出す 7つの質問


日記に質問を書くとよいそうです。お薦めの7つの質問があります。

1. What did I lean this week?
  今週、何を学んだか?

2. What was I most proud of this week?
  今週、一番よくやったと思うのは何?

3. What was the most fun thing I did this week?
  今週、一番楽しかったことは?

4. What could I do to be happier in the coming week?
  来週、さらにハッピーになるには何ができますか?

5. What could I do next week that will help me reach my goal of __?
  ~の目標達成のために来週、何ができますか?

6. I'm struggling with ___. What can I do to make this easier?
  ~のことで悩んでいます。状況改善に何をすることができますか?

7. If my intuition wanted to give me one piece of advice, what whould it be?
  わたしの直感は、どんなアドバイスをしてくれますか?

これは、あくまでも例で、自分の状況に合った質問を作って日記に書いていくとよいです。質問を書いて投げかけておいてから、頭にパッと浮かぶことを検閲しないで素直に書き綴るのがコツです。

先のリアの場合、彼女は次のような質問を書きました。

I am struggling with depression. What could I do to become happy?
鬱病にかかっています。幸福を感じるために何ができますか?

そのときに出てきた答えがこちらです。

You can't change the past. Let it stay in the past and release it as part of your history. All those events are part of who you are today. Happiness is a choice. Choose to put your focus on what makes you happy right now.

過去を変えることはできません。すでに起きたことは過去の一部として、手放しなさい。すべて起きたことが今のあなたを形成しているのです。幸福は選択です。今、このとき、自分を幸せにするものに焦点を当てることを選択なさい。

直感を引き出すその他の方法


その他には、いいなと思う格言や引用を日記に書き留めてから、どこに自分が引きつけられたのかを書いていきます。自分がその格言に興味を持った理由は、直感が何かを訴えているからです。

それから、質問の仕方ですが、「なぜ、よくならないの?」とか「どうして状況が変わらないの?」みたいなネガティブな質問では、いい答えが返ってきません。代わりに、「人生にもっとオープンになるには何ができるかしら?」とか「体が癒されるために何ができますか?」という風に質問するとよいです。

質問は、望まないことではなくて、望むことに焦点を当てることがポイントです。

人生の困難なとき、"What am I learning?"(自分は何を学んでいるか)という質問は有効です。人は、理由があれば乗り越える勇気が出てくるから。

誰でも、多少なりとも不安を持っています。不安を解消するには、まず、不安を書き出していきます。その後で、「不安をなだめるのに何ができますか?」と内なる声に聞いて、返ってきた答えを書いていくというものです。

終わりに


結局、自分の内に答えがあるのだと思います。

子供の自分と大人の自分、ローアセルフとハイヤーセルフというように、自分の中に未熟な部分と完全な部分があるのではと思います。何かあったときに苦しんだり不安になったり慌てふためいたりするのは、まだ未熟な部分です。でも、何があっても揺らぐことがない部分も自分の内にあると感じます。

でも未熟な部分が、泣き叫び大騒ぎし出すと、ハイヤーセルフの声が聞こえません。だから、瞑想したり、日記に書いたりする(これも瞑想の一種だということですから)と、内なる声が聞こえるようになるのだと理解しました。




関連記事

 Listen

 どうしていいのか分からない 人生

2 Comments

ぴーちくばー1223  

Re: 興味津々!

Plumさん、

わたしのサマリで興味を持っていただけたなんて嬉しいです!
この本は素直な言い回しで書かれているので、英語で読むのにいいと思いますよ。

2014/08/16 (Sat) 11:42 | EDIT | REPLY |   

Plum  

興味津々!

ご無沙汰しています。
The Power Is Within You でお邪魔しましたPlumです。

ぴーちくぱーさんのサマリを拝見すると、
自分の技量を顧みず読みたくなってしまいます^^;

こちらの本にも興味津々!
サマリにまたお世話になることと思いますm(_ _ )m

2014/08/15 (Fri) 15:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment