24
2014  06:30:35

子供にも分かる潜在意識と超意識




前回の続きで読み進めています。

言葉のパワーについて


思考するとそのエネルギーが周囲に伝わるということでしたね。その思考を表現した形が話し言葉で、振動があり、周囲に伝わります。

この口に出していう言葉の振動を使って、潜在意識にある思考を変えることができます。これがアファメーションで、繰り返すことでその力を発揮できます。繰り返していると、脳にいる小さなRAS(ゲートキーパー)に本気が伝わって、潜在意識への扉を開いてくれるからです。

Think it. Write it down. Read it. Speak it!

思い浮かべて、ノートに書いて、読んで、口に出して言う。ここが一番難しいところですが、なかなか現実に現れなくても、執拗に繰り返すことが必要です。

思考はエネルギーです。脳によって造られたエネルギーの波で、宇宙の言語で、創造の言語です。誰にもこのパワーがあり、思うとき、話すとき、それによって感情が掻き立てられたとき、常に現実を創造しています。(こんな風に言われると、下手なことを考えたり、話したりできませんね)

目に入るもの耳にするもののパワーについて


いつも目にしているものは潜在意識に入っていくので、部屋にどんな絵画やポスターを飾るのか気をつけなければなりません。ポジティブで励ましてくれるものか、いい気分にさせてくれるものか、将来なりたいものを連想させるものかチェックしましょう。

小さなゲートキーパーは、その絵は何のためになんてことを論じたりせず、ちゃんと潜在意識にファイルしておいてくれます。

音楽も重要です。何度も聞いていると、歌詞が自然に頭に入ってきます。だから、歌詞の内容が、ポジティブでハッピーなものかチェックする必要ありです。

自分のマインドに何を入れるか気をつけなければいけません。特にテレビの番組です。テレビを観ているときは、脳波がアルファになっている状態なので、潜在意識への扉が大きく開かれています。

人生の設計図


潜在意識のしくみとアファメーションの作り方が解説されていましたが、特に参考になると思ったのは、"What do you really want"というエクササイズでした。

漠然と願っていても願いはかなうものではないというのは、いろんな本を読んだり、セミナーを聞いたり、自分の体験からそうだと思います。明確さが大切です。願いが叶わない理由をつらつら考えてみたり、何がしたいのかはっきり分からないと、あの小さなゲートキーパーも理解に苦しんで、潜在意識へ流してくれません。

それで、エクササイズですが、まず、下の4つの項目について、それぞれ5つくらい書き出してみます。

(1) 人生で一番なりたいことやしたいこと(例:パイロット、ジャングルに住むなど)
(2) この世界で現実になったらいいと思うもの(例:平和、空飛ぶ自動車、飢えのない世界など)
(3) 自分の長所(例:友人思い、信頼できる、優しいなど)
(4) 自分の得意とすること(例:読書、コンピュータの操作、ピアノを弾くなど)

そして、それぞれの項目から1つを選びます。選んだものを組み合わせて次のような文を組み立てます。

「わたしは、自分の(3)の能力/強みを使って(4)をし、(2)を創造または達成して、(1)になります」

これが自分のミッションになります。

自分のアセットを使って目的を果たすというのは、漠然と何かを希望するよりも説得力があると思います。自然は無駄がないと思うので、何か能力や資質があるなら、きっとそれが役に立つことをするようになっているのではないかと思うんですよね。それに、宇宙の後押しも得られてよいと思います。

もちろん、もっと詳しい情報を足したり修飾をしてもよく、自分で納得するような文章になったら何度も繰り返して口にすることが大切です。紙に書いていつも目につくところに貼っておくとよいです。そうすると、小さなゲートキーパーに伝わり、パワフルな潜在意識が仕事に取りかかってくれます。

また、何かをするとき、このミッションを達成する助けになることかどうかを考えたり、友人や仲間が自分のミッションをサポートしてくれるような人たちかをチェックすることも大切です。

高次の知恵と宇宙意識


意識の一部に、脳のプロセスから独立している部分があることが研究によって分かっています。高次の知恵(ときには超意識と呼ばれます)といわれる所です。

アルファ、ベータ、シータ、デルタといった脳波の他に、K-複合や高ベータ、超高ベータの存在が最近分知られるようになってきました。

これまでに分かったことは、超意識はかなり高いレベルで振動しているので、宇宙のエネルギー自体と絶えず交信しているということです。超意識の周波数パターンやその振動は、空気中を伝わり、宇宙全体を通って、全エネルギー(全思考)の根源につながります。

つまり、わたしたちのマインドの高次の部分、超意識は、宇宙の源と直接つながるリンクで、あらゆるエネルギー、振動、音、思考と結びついています。

わたしたちは、超意識、思考、話す言葉を通して、宇宙の創造力につながることができます。超意識でつながっている宇宙、わたしたちも宇宙の一部だということができます。これはすごいことです。わたしたちには、自分で思っているよりももっと大きなパワーがあるということです。

ホログラムの特徴によく似ています。

ホログラフィーで、三次元の物体が見えます。ホログラムを割って小さな破片にしても、その部分から同じ三次元の物体が見えます。さらに小さな破片にしても、三次元の物体は見えます。

それぞれの破片は全体の一部です。それぞれの破片が全体を表しており、サイズは全体よりどんなに小さくても、全体であることに変わりありません。

同じように、わたしたちは宇宙意識の一部であり、全体の一部です。だから、地球上の人々のマインドがそれぞれ、巨大なホログラム(宇宙意識)の一部であるとすると、みんながお互いにつながっていることになりませんか? そうすると、互いに愛し合い、助け合うのが当たり前だと分かります。

+++++
元宇宙飛行士で工学者のエドガー・ミッチェル氏が、量子力学の観点から、現実はホログラムであるというようなことをどこかで言っていました。面白いですね。

関連記事

 頭脳とマインド

 潜在意識 超意識

0 Comments

Leave a comment