13
2011  11:54:08

振動と誘引

old-oak.jpg


またまたYou Were Born Richの続きです。

植物が、小さな種子から始まって、芽を出し、成長して、やがて花を咲かせ実を結ぶのに、生命の不思議を感じたことがないですか? 本書のどんぐりがカシの木になるところの説明を読んで、私はなるほどと感心しました。ボブ・プロクターは振動と誘引の法則で説明しています。

つまり…

すべてのものは常に振動している。目に見える物質も、分子のレベルで振動している。この振動の速さは周波数で表されるが、同じ周波数をもつ2つの物体は同じ電磁場にいるので、共鳴して同調する。

たとえば、シャンデリアの電球は、ピアノの特定のキーに共鳴して振動する。他のキーでは振動しない。このように、同調するかしないかは、物質や形、大きさに関係がない。同じ振動を持つものであれば共鳴する。

どんぐりは、どんぐり独自の周波数で振動しており、土に植えると、その振動に調和するものだけを引き寄せる。引き寄せられたものはどんぐりの分子と同調して一緒になり、どんぐりが成長する。これは、水滴同士を近づけると、一緒になって一つになるのと同じ。

油と水では振動数が違うので反発しあう。どんぐりにはどんぐり特有の周波数があって、引き寄せるものを変えることができない。だから、必然的にカシの木に成長する。

人間になると、思考によって振動数を変え、引き寄せるものを選択できる。思考することで、脳の細胞群が振動しエネルギーを放つ。なんとなれば、人の頭脳は送信機のようなものだから。

大抵の人は、豊かさをイメージしたり欠乏をイメージしたりして周波数を頻繁に変えているので、豊かさを一貫して顕現できない。

ポイントは、どうやって豊かさのイメージを保持し続けるかですね。

余談ですが、よく英語で"send good vibes"なんて言います。vibesはvibrationのことです。みなさん、よい波動を送りましょうね!




関連記事

 You Were Born Rich

0 Comments

Leave a comment