21
2014  07:31:13

答えもパワーも自分の中に|内なる声と癒す力

原書:e-squared: Nine Do-it-yourself Energy Experiments That Prove Your Thoughts Create Your Reality


前の続きで5と6の実験を見ていきます。どちらも、自分の内にすべてが備わっていることが確認できる実験です。

実験5の仮定:

Inner guidance is constantly available. There's never a time--never has been, never will be--when you can't get inner guidance. For anything.

著者が言うには、大抵の人は何か決断するとき、顕在意識で判断しようとします。でも顕在意識の目的は、1)問題を認識すること、2)目標を決めることの2つしかない。

だからなんでしょう、私などは、ときどき決断できなくてストレスになることがあります。というのは、ああでもない、こうでもないと迷ったり、いろんな思いが頭をめぐって疲れるんですよね。

これは、爪切りで芝生を刈るようなものと、これまた面白い比喩を使っていました。もっと効率のよい方法は、「内なる導き」を聞くことです。そこから得る答えは、心に平安をもたらしてくれるし、予測できないいろんな事柄に対応した答えであったりするわけです。腑に落ちる、すっきりした感じがするものです。

この「内なる導き」はさまざまな形で現れます。だから心をオープンにしておく必要があります。

映画「ザ・シークレット」に出演しているMichael Beckwith(マイケル・ベックウィス)氏は、以前ドラッグディーラーをしていたのですが、「内なる導き」によってAgape International Spritual Centerをロサンジェルスに創立し、著名なニューソートの牧師になっています。でもこの導きに従う決心がつかず、

Look, God, if you're listening, if this is what you really want for me, have the windmill point in my direction”と聞いたそうです。

この日は風の強い日で、風車は、マイケル・ベックウィス氏とは反対方向を向いてかなり急速に回転していたそう。ところが、彼が先の言葉を言った途端、風車の軸が向きを変えて氏の方向を指したということです。

はっきりさせたいときは、こうした手を使うのもいいですね。「~なら~を示してください」というように。慣れてないと「内なる声」が聞けなかったりしますから。

その他にも女優のジェイミー・リー・カーティスが、「内なる声」によって現在の夫と結ばれた話もありました。

自分の体験ですけど、決断できなくて迷いに迷ったあと疲れて投げ出してしまったとき、パッと心が決まることがあります。顕在意識が大人しくなるからかしらん。

「内なる導き」を聞く実験、わたしは「~なら~を示してください」という方法でやりました。解答、ありましたよ。

実験6の仮定:

Matter does not control you--You control matter.

著者自身は、赤ん坊のころに父親が一目見るなり「こんなみっともない赤ん坊は見たことがない」と言われたことから、かなり容貌に劣等感を持つようになります。

おまけに6年生のころには視力まで悪くなり眼鏡をかけ、二キビにも悩まされることに。美しくなりたい一心で外的にありとあらゆることを試しましたが効果なし。

ところが、自己啓発の書物に出会ってから、徐々に自分に対する意識が変わっていきました。そうすると自然にきれいになり、不思議なことに視力までよくなったそうです。

もっと驚く実例もありました。Meir Schneiderという人ですが、医者にも見放されたのに、17歳のころIsaacという友人が「訓練すれば君の目だって見えるようになるよ」という一言に励まされて、それから一年の間に少しずつ見えるようになってきたそうです。

他にはバーブラ・ストライサンドのことも。彼女の家族は誰も歌えなかったそう。なのに彼女だけあんなパワフルな声を持つなんて、グレース・ケリーのような美貌でもない彼女が映画スターになりたい一心で人の心に響く声を産み出したのだと筆者は勘ぐっています。

Terry McBrideは椎間板の破裂、感染のため、20代から30代のあいだに23もの手術を受けています。でも医師から足の一本だけでなく、排泄器官の調節もできなくなるし、性的にも不能になると言われて自分の運命は自分で決めると決心したそうです:

Now, I probably would have given them a leg. But when those doctors started insisting that there was no possible way to come out of this surgery whole, I decided right then and there that nobody was going to tell me who I was. I decided that very night that no longer was anyone with a fancy name badge going to determine my destiny.

権威の代表のような医者の言うことは信じて従いたくなるのが人情でしょう。でも、権威があろうとなかろうと、他の人に自分の体のことや人生を委ねるのは自分のパワーを放棄するのと同じだと思います。このTerry McBridgeも自分のパワーに目覚め、医師の予測に反して、不具になることなく退院しています。現在、各地で講演活動をしているそうです。

わたくし事ですけど、子宮筋腫が大きくて医者から手術をするように薦められました。でもしないと決断してやりませんでした。今は筋腫が小さくなっています。

オーストラリアに旅行に行ったとき、ピクニックで食べたサンドイッチのハムにあたってサルモネラ菌食中毒になりました。高熱も出ましたし2日間くらい大変でしたが、こんなことでせっかくの旅行が楽しめないのはつまらないという思いからタスマニアからケアンズに移動しながらも2日間で回復させました。

追い詰められると人間は治る意志が固まるので、割と回復しやすいのかなと思います。

関連記事

 自分のパワー

 答え 自分の中

2 Comments

ぴーちくばー1223  

Re: タイトルなし

ブログへのご訪問とコメント、ありがとうございます。

ホーキンス博士の訳書はそんなに少ないんですか。
知りませんでした。博士がお亡くなりになられて残念です。

日本のアマゾンはどうかよく分からないですが、
こちらではKindle版ですと、
プロモーションでときどき破格の価格になっていたりします。

ぢゃーぢぃ様も読書がお好きなようですね。
読書は、他の人の尊い経験や思考、価値観に触れられていいですよね。
またいつでもいらしてください。

2014/01/24 (Fri) 03:02 | EDIT | REPLY |   

ぢゃーぢぃ  

初めて訪問させて頂きます。

こちらでも紹介されているデイヴィットホーキンス博士も
「結果が現れているだけであって顕在意識が決めているわけ
ではない」といったことを言ってましたね。
私も最近そのように感じてました。

ホーキンス博士の訳書は他に1冊しかないし、Amazon
でもすごく高い!洋書が読める人が羨ましいです。

オーストラリアの武勇伝、すごいですね。
そういう気構えが、自分の世界を広く出来るのでしょうね。
日本から出たことの無い自分がひどく小さく見えます。

また勉強させて頂きに参ります。
ありがとうございました。

2014/01/23 (Thu) 21:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment