10
2013  08:13:30

この世界は時間と空間で限定され、フィルターと眼鏡を通して知覚する幻想?

原著: We Don't Die: A Skeptic's Discovery of Life After Death

前回は、スピリットが「地球」へ生まれると、コンパニオンが付けられるという話でしたよね。このコンパニオンは、わたしたちの頭の中に住んでいて、こきおろしてくれるやら、指図をしてくれるやら、うるさい存在です。

この存在は、また眼鏡を選ぶ役割も果たしてくれます。

この世界に生まれたとき、何にもとらわれないまっさらな状態で、あらゆることが可能だったのが、経験を積むごとに、眼鏡を一つずつ加えていくようです。たとえば、筆者の場合ですと、幼いころディズニーランドで迷子になってとても不安な体験をしたとき、"I'm unlovable, I don't matter, I am on my own"という眼鏡をかけるようになりました。

その後も、他の子供たちからからかわれた体験や、最初のボーイフレンドが自分の親友とデートするようになった失恋の苦い体験で、"there is something wrong with me, I am not good enough, I will never be loved ....."とさまざまな眼鏡を加えていきます。

これをイメージすると、初めは視界も広くよく見えていたのが、沢山の眼鏡をかけるようになって、視界が狭まり、きれいに見えない。

みんなそうですよね。こうして、各自、人生に対する認識を形づくります。過去の苦い体験から生まれたこれらの眼鏡をはずせば、新しいものが見えてくるかも。

ところで、この筆者、すごい行動力の人です。

もともと、霊的なこと、目に見えないことに懐疑的だったのが、父親の死による悲しみから、人は死んだらどうなるのか知りたいという欲求を持つにいたります。その追求にさまざまなセミナーを受け、それに付随してさまざまな資格も取得しています。ざっと挙げてみただけでも、ランドマーク・エデュケーション(物事の見方を変えてくれるみたいです)、催眠術、ドリーン・バーチューの霊媒能力育成セミナー、ラッセル・ターグの遠隔透視のセミナー、電子音声現象のセミナーなどです。

こうして、懐疑的だった筆者が、死後の世界を信じるようになったわけです。とくにインパクトが大きかったのが、電子音声現象で実際に亡くなった人の声を聞いたときのようです。これは、亡くなった人に呼びかけたあと、テープをレコーディング状態にしておきます。そのとき、水の流れる音などの雑音が入るようにします。あとで録音を再生すると、霊界の人の音声が聞こえるというものです。

さて、この世界の体験は幻想かもという話の続きですが、個人の過去の経験による認識(眼鏡をかけて見る世界)に加えて、人間の脳が処理できる情報の量が限られているという事実もあります。人間の脳は、毎秒2000ビットの情報しか処理できませんが、わたしたちの周囲では毎秒4000億ビットの情報が流れているそうです。

だから、どの情報を処理するか、フィルターにかけるんだと思います。おまけに、フィルターにかけたあと、過去のメモリー(プログラム)によって、情報の処理方法が違ってきます。二人の人がまったく同じ出来事を目撃しても、その説明が違うのはこういうわけです。

さらに、頭の中の「声」は、自分の言い分が正しいことに固執しますから、いったん、ある人についての見解を決めたら、もうそれを証拠づけるものしか見なくなって、あとはフィルターアウトしてしまう。

時間と空間が幻想ということについて。

これは、物理学の世界で認知されていることですね。天国(死後の世界)では、時間という概念はないそうです。だから、地上の生活が夢のように感じられる。だから、天国に戻ってきたとき、時間がたっていないように感じられるというんですね。多分、わたしたちが夢を見て朝起きたときに感じるような感覚かなと思いました。

天国と地上の世界が同じ空間に存在している。ちょうど、目に見えないけど、ラジオやテレビ、電話の電波が同じ空間に存在して、周波数が違えば互いに干渉することがないように。要するに、天国は、地上の人間の知覚の外にあるものということです。

天国ではテレパシーで意思伝達をしますが、地上でもテレパシーで意思伝達ができるそうなんですね。ただ、頭の中の「声」が大きすぎて、かき消されてしまう。やっぱり瞑想しなくっちゃと思いました。

ところで、「シティ・オブ・エンジェル」という映画を知っていますか? メグ・ライアンとニコラス・ケイジが出演の、天使と人間のロマンスを描いた映画です。ニコラス・ケイジの天使は、愛する女性を抱きしめることもできないので、天使を止めて人間になることを決意するんですよね。

天国では、地上では味わえない素晴らしい経験ができるのは確かなようですが、人間のような五感の感覚はないので、食べ物を味わうこともできないし、ハグすることもできないそうです。地上にいる間に、存分に美味しいものを食べて、なるべく大勢の人や動物とハグしておいた方がいいですね。



Let teh Pawty Begin!

関連記事

 生まれ変わり/地上の生活

 時間空間幻想

4 Comments

ぴーちくばー1223  

Re: 良かったです!

Yokoさんと同じような感想を書いている人いましたよ。
観るたびに新しい発見があるって。

前世療法、もし催眠導入うまくいったら教えてくださいね。
前世って興味ありますよね。

2014/11/18 (Tue) 08:50 | EDIT | REPLY |   

yoko  

良かったです!

私もいつもimdbでアメリカの映画を
チェックしています♪
映画オタクなもので(笑)
そうですね、何回もみる度に
いろんな表情をみせてくれる映画です。
私もしばらく観ていないので観なければ!

ところで、おすすめされていた
ワイス博士の前世療法の本とりよせて
今読んでいます。
とてもワクワクしています!
催眠導入を録音して
自分でためしてみたいと思っています。
ありがとうございました!

2014/11/17 (Mon) 17:42 | EDIT | REPLY |   

ぴーちくばー1223  

Re: またまたお邪魔します

また情報ありがとうございます。
さっそくimdb.comで確認しました。
原版の方がハリウッドのよりずっと優れているようですね。
何回も見たという人がいました。ぜひ、観なくては。

2014/11/16 (Sun) 07:31 | EDIT | REPLY |   

yoko  

またまたお邪魔します

シティオブエンジェルは
「ベルリン天使の詩(うた)」の
ハリウッド版リメイクってご存知でしょうか?
ヴィムヴェンダース監督の作品で
大好きな映画の1つです。

もしご存知でなければ
ぜひ観てみてください♪
英語のタイトルは 
Wings of Desire です。
ドイツの映画で、フランス語や英語も出てきます。

2014/11/15 (Sat) 18:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment