25
2013  07:28:19

願望実現とは|無限の宇宙エネルギーを思考で形作り凍結させる

原書:Uberman: Almost Super Human

前回は、感情のエネルギーをコントロールでしたけど、願望が実現するしくみも面白かったのでアップします。

宇宙のエネルギーは、プラナともフォース(スターウォーズみたい)とも、気とも言われるもので、あらゆる可能性が秘められています。形がなくて、無限で、空、それでいて完全なもの。

この絶えず流れるエネルギーをとらえるのが思考です。ちょうど、無限の流れを汲むガラスの器のようなものです。形のない宇宙のエネルギーを、特定の形と性質の器(つまり思考)でとらえてイメージを作ります。

この時点ではまだエネルギーは流動して、ガラスの器でとりあえず形を作っている状態。そうして、温度が突然下がり、液状が凍結して固体になります。

これが目に見えない宇宙のエネルギーが形になる過程です。

願いを象徴するものを作れば、宇宙のエネルギーの一部を即座にとらえて、物質の世界に顕現させたいものの特徴や知性を表す器に入れることができます。

この器を強力にする秘訣は、フォーカス、専心、詳細の3つ。つまり、実現させたいものに焦点を当て、集中し、詳細を描くことです。だから、願望が実現したときに受ける恩恵をできる限り詳しく書き出すということが大切なステップになります。

願望実現のステップは次のとおりです。

1. 目に見える世界に実現させたいものを一つ選ぶ。

2. 宇宙のエネというように。英語だと"I COMMAND"という書き出しになるのですが、
   日本語だと肯定文かなとルギーを器に入れるためのステートメントを書く。
   たとえば、「7月31日までに電気代が全額支払われます」思いました。

3. エネルギーをとらえたので、それを保持しなければなりません。
   そのために、フォーカス、専心、詳細が必要です。まず、シンボル化。
   先の例でいうと、電気代の請求書を封筒に入れて「○○円、支払い済み」と書くという
   ように、何かシンボルを作る。

  シンボルは、潜在意識に直接訴える力を持っています。

4. このシンボルを、いつも目につくところに置いて、毎日、自分の意図を思い出す。

5. 2のステートメントを書いた紙に、夢が実現したらどんな恩恵を受けるか、
   考えつく限り書き出す。

6. 願望が実現する過程や実現したところをストーリーにして書く。

7. 今どうやって実現できるかという質問を続けて書く。心を静かにして、
   どんなアイデアが出てくるかを傍観する。

8. アイデアが出し切ったところで、紙を小さく折りたたみ財布に入れる。
   常に、このエネルギーを持ち歩くということですね。

9. ここからは、心に起きるネガティブな思い込みを、白い光で消滅させるイメージをして取り除き、
   エネルギーの強化に努める。

10. どのようにして夢が実現するかということに全く無頓着でいる。
   ベストタイミングで、最善の状態で夢が実現することを信じる。

ステップ4と5を続けて行うのか、間をおくのか分からなかったのですが、自分でアレンジしてもいいと思います。

その他にも段階的にレベルを上げながら、お金を増やしていくプロセスとかありました。まだ試していないですが、願望実現のスキルも練習を積んでいくうちに向上するのではと思ったことです。

他にも、ビジョンボード(夢を叶える地図ですね)と達成ボードを作り、夢がかなったら、達成ボードに移すというエクササイズもありました。これは、潜在意識の「夢は叶う」というプログラムの一つですね。



ドギーをいたぶるキティー
I Lub Yoo But Yoo Get Awn Mai Nerbz Sumtymez

関連記事

 エネルギー/波動

0 Comments

Leave a comment