20
2013  02:50:46

パートナーとしての男性を選ぶときの基準

原書:Get the Guy: Learn Secrets of the Male Mind to Find the Man You Want and the Love You Deserve

前の続きで、第二部は実際の"Get the guy"の部分です。英語の表現ってかなりダイレクトです。訳すると「男性を手に入れる」となりますね。

男性が女性に、過渡的でない長続きする深い魅力を感じる方程式が紹介されていました。こちらです。


Visual Chemistry + Perceived Challenge + Perceived Value + Connection
= deep and lasting attraction



Visual Chemistryとは見た目の魅力ですけど、これには二つあります。Objective beauty(客観的な美しさ)とPerceived beauty(認識された美しさ)です。

Objective Beautyの方は、時とともに移ろいでいきます。日本でも、平安時代などの昔は、面長で目が細い女性が美人とされていたんですよね。今は違いますが。

Perceived Beautyの方は、つき合っているうちに人格や態度から魅力が感じられてそれが見た目に投影される感じです。分かりますよね。別に恋愛感情がなくても、親しんでくるうちにいい顔に見えてくる、親しみが沸いてくる顔かしら。

そうすると、いわゆる美人でなくてもいいということですね。

その次のPerceived Challengeは、こちらに関心を持ってもらうためにある程度の努力を要するなと感じられることです。誰でも、苦労して手に入れたものの方が、ただで手に入れたものよりも大事に思えるという心理からきています。ものでなくても、人にも言えることなんですね。

Perceived Valueは、その女性といると、一人では得られない素晴らしい経験ができると思えること。だから、その女性は自分の人生を生きている人なんですよね。自分の価値をちゃんと知っている女性。

最後のConnectionは、何時間、一緒にいても飽きないし、相手の人生や価値感などに興味を持っていて、接点があることです。

この方程式は、男性から女性に魅力を感じるための方程式ですが、逆にも当てはまると思います。違うのは、perceived challengeかしら。女性は、相手に振り向いてもらうチャレンジよりも、相手から強くアプローチされた方が嬉しいしその気になりますもの。


Even if you have perceived value in his eyes and you've managed to connect, he still needs to experience you as a perceived challenge to feel chemistry and deep attraction.

つまり、男性からみて素晴らしい人で接点もあるけど、どうしても一緒になりたいという魅力を感じるには、このperceived challengeを感じる必要があると言っています。

女性が陥りやすい落とし穴は、ちょっといい人が現れると、相手のことをよく知らないうちに、もう親密な関係や結婚を想像して、その相手に専心してしまうことです。

He may have earned your approval as a person, but he hasn't earned your approval as a partner until he really invests you.

相手の男性がこちらに入れ込むまでは、パートナーとして認めるべきではないんですね。

A guy's value should be based only on the how he treats you.

男性の著者がこう言っているんですから、この言葉は重いと思いますよ。とかく女性は忘れがちですが、これはしっかり覚えておいた方がいいと思います。どれだけ大切に扱ってくれるかで相手の男性を評価するべきなんです。

このあたりのこと、銀行口座をたとえに説明されていました。

女性の口座に男性が預金します。預金というのは、会う努力をすること、大切に扱うこと、優しさやいたわりを見せることなどです。預金がある程度の金額に達すると、充分なクレジットが確立されたので女性は親密な関係に入ることを承諾し、男性は正当な報酬を得たと感じます。

ところが、男性が預金をしない前に女性がその男性を気に入ってしまい、無制限にクレジットをあげてしまう場合があります。こうなると、男性は何も努力しないで女性がコミットしたわけですから、敬意を払ってもらえないんでしょう。

これ、頭では理解できても、女性って相手を気に入ってしまったら、大切に扱われなくても許してしまう人がいます。わたしも昔そうだったので気持ちはよく分かります。結局、自分の価値を尊重していないからですね。自分を大切にしないと、相手からも大切にされないということが最近になって理解できるようになりました。

なぜ、自分の価値を尊重できないかというと、それは子供のときに受けた傷が癒されてなくて、自分を過小評価してしまうからです。これは、もう大人になった自分の責任で癒すしかないです。それとは別に、本書の著者が言うように、男性を評価するときは、自分をどう扱ってくれるかということを基準にするということは覚えておいて損はないと思いました。



Who?

関連記事

 恋愛/パートナーシップ

 男性選ぶ基準

0 Comments

Leave a comment