14
2012  09:03:04

お薦めの思い込みは? (The Tao of Dating)

前回の続きで思い込みについてですけど、筆者、お薦めの思い込みを拾っていきます。

1. Upholding my own importance is a waste of energy.

他人に自分の価値を認めさせようとするのはエネルギーの無駄です。相手を軽視したり(軽視するという英語はbelittleです。面白いでしょう?)、自分を弁護したり、自慢したり等です。そんなエネルギーがあったら、もっと建設的なことに使った方がいいということですね。

2. I am complete and beautiful exactly as I am.

これは、自分をそのまま受け入れるということで、常に成長している自分だから、人生のどんな場面であっても素晴らしいんです。常に、"be comfortable in your own skin"を心がけましょう。このフレーズはよく聞きます。日本語ではどう言えばいいんでしょうか? とにかく、卑下せず、自分を受け入れ満足しているという状態ですね。そういう人は魅力的です。

結局、自分を好きじゃないと誰も好いてくれないでしょうし、自分で魅力があると思えなければ、他の人も魅力を感じてくれない。決して自惚れではなくて、自然に自分でいることが心地よいのかな。無邪気な子供を手本にすればいいかもしれませんね。

3. Being with quality men is my birthright as a woman.

birthrightって生まれながらに持つ権利ですよね。っていうことは、質の高い男性と一緒にいる権利があるといういこと。ワ~イ。ここまで確信できたら、やっぱりパワーがあると思います。

4. I provide the best experience a man could possibly have.

これもすごいですね。ちょっとこれはとしり込みしたくなる、と思うのはGood.  何となれば、自分なんてという古い思い込みがまだ抵抗しているのが分かったので、あとはこうした効果的な思い込みと取り替えればいいわけです。わたしも経験がありますが、自分を卑下するのって気分が悪くなります。それよりも、こんな風に自分の価値を認めることができると、気持ちいいです。

5. I am the more important person in the relationship.

エッ、て思いました? 最近、この意味が分かってきました。自分を第一にして初めて相手にも同様の愛情を注ぐことができるんだなって。相手を第一にして相手からいい反応が得られなかったら、不満という感情が起こります。そうすると相手も敏感に感じ取って、needyなんて思われるんですよね。

6. I am inherently desirable.

世の中にはシャンパンの嫌いな人もいます。それはシャンパンのせいでしょうか? それでシャンパンが悪いということになりますか?  それと同じことで, あなたも望ましい女(ひと)です。なんて、説得力あるでしょう?  自分の価値を分かってくれる人だけに分かってもらえればいいんですね。

さて、こうした効果的な思い込みをプログラムするのは、やっぱり地道な努力だと思います。継続しなければいけないですよね。わたしはそれがなかなかできなかったんです。あっちにフラフラ、こっちにフラフラで。でも、それでもいろいろな方法で努力したので、遅かったですけど、自分の中で何かが変わったという気がしてきました。

筆者は自己催眠を薦めています。あとはもちろん、アフォメーション。効果的にしようと思ったら、朝起きてすぐアフォメーションを紙に書くとよいというのは、なるほどと思いました。朝起きてすぐのときは、まだ顕在意識がはっきりしていないからあまり抵抗なく潜在意識に届きます。それに、書くという行動はいいですね。

イメージする。演じる。俳優になったつもりで演じちゃえばいいかな。結局、今までのネガティブな思い込みだって、同じプロセスでプログラムされてきたわけですよ。だったら、ポジティブな思い込みだってプログラムすることができるということですね。


Wat r u thinkin abowt nao?  How bowt nao? N nao?
関連記事

 The Tao of Dating

0 Comments

Leave a comment