08
2012  03:28:41

スロットマシーン効果

The Tao of Dating: The Smart Woman's Guide to Being Absolutely Irresistibleの続きです。

Why good women get involved (and stayed) in bad relationshipsというテーマで、面白い事を言っています。「いい人なのに、なんであんな男とつき合ってるのよ」ということですね。

筆者はスロットマシーン効果と名づけています。ちっとも当たらないのにコインを入れつづけてしまう。失ったコインは戻らないのに、これだけコインを使ったのだから今度こそ当たりだと思ってお金を失ってしまうわけです。男女関係にもこの心理が働いてしまう。

つまり…

2年間もこの関係に時間とエネルギーを費やしたのだから、今さらすっぱり捨てるなんてできないと実りのない関係を続ける。でも2年間の投資はSunk Cost(埋没費用)と同じで取り戻せないんです。だから最善策はこれ以上ロスを大きくしないようにさっさと関係を終わりにすることです。Sunk Costという言葉、初めて知りました。

第三者はこの判断が簡単にできますが、当人には難しいというのは、oxytocin(オキシトシン)というホルモンが働いているからです。これは、子供を産んだり育てたりするのをサポートしてくれる重要なホルモンで、スキンシップで分泌されるという特徴があります。ゆえに、男性と関係を持つとこのホルモンの働きで相手と自分がつながっている感じ(bounding)が潜在意識のレベルで感じられて、頭で実りのない関係だと理解しても断ち切るのが難しいとなるわけです。

でもこれを知っていると、自分を客観的に見ることができます。相手を断ちきれないのは、本当の恋なのか、それともオキシトシンのなせるわざなのかと自問してみることができます。オキシトシンのboundingの効果は、相手との接触がなくなると急速に減少するそうです。だから、相手に会わないこと、旅行に出かけるのもいいそうです。

Who Are You, What Are You, and Why Are You on Me?
Cyoot Kitteh of teh Day: Who Are You, What Are You, and Why Are You on Me?
関連記事

 The Tao of Dating

0 Comments

Leave a comment