自分のガイダンスシステムを意識的に活用する|エイブラハムの「ヴォルテックス」から

Designed by Photoduet / FreepikThe Vortex: Where the Law of Attraction Assembles All Cooperative Relationships前回の続きで、エイブラハムがセクシャリティーについてどう考えているか興味深いところです。セクシャリティーの法はないところで、タブーや規律、法というのは、何かを守ろうとする欠乏の観点から来ており、違反者をとどまらせるのではなく、実際には、法を守ろうとする人の自由を制限し、服従を通して他から承...

多様性があるから拡張できる|エイブラハムの「ヴォルテックス」から

エイブラハムの「ヴォルテックス」に戻ります(前回)。第3部のセクシャルな関係についてです。セクシャリティーは、なかなか公に話題にできない難しいテーマで、ジェリーがエイブラハムにセクシャリティーについて明確にしてほしいと頼んだとき、まず、4つの誤った前提が示されました。Flawed Premise #14: There is a God Who, having considered all things, has come to a final and correct conclusion about everything.あ...

大自我と二元性、エンライトメントなど|ホーキンズ博士の著から

ちょっと間があきましたが、前回の続きで、デヴィッド・ホーキンズ博士のDissolving the Ego, Realizing the Self: Contemplations from the Teachings of David R. Hawkins, M.D., Ph.D.の最後の章(Realizing the Self)を見ていきたいと思います。ちょっと復習をすると、小さなセルフ(エゴとマインド)から大きなセルフに意識レベルを上げていくために、まず、エゴとマインドの正体が明かされ、次に小さなセルフを乗り越える方...

よい気分になる思いを選択する|エイブラハムの「ヴォルテックス」から

The Vortex: Where the Law of Attraction Assembles All Cooperative Relationships前回の続きです。 主流になる思いを引き寄せる「引き寄せの法則」では、主流になる思いを引き寄せると教えられます。欲しいものを引き寄せるのとはちょっと違うので気をつけなければなりません。パートナーを引き寄せることについていうと、「自分には恋人がいない」という思いが主流であれば、そういう状態を引き寄せてしまいます。この思いでは...