イライラさせられる相手に感情的に振り回されない対処法

アセンションの記事でご紹介したJim Selfという人のサイトを少しずつ見ています。その中で、役に立つツールがあったのでご紹介しますね。イライラさせられる相手やムシャクシャする事って、ついつい考えてしまうと思いませんか? そうすると、ますますイライラが増幅して、ムシャクシャが増すばかり。面白くないですよね。思考は電流で、感情は電磁界のようなものらしいです。だから、考えれば考えるほど、電流を流れさせる、充電...

愛のエネルギーを放射するソウルリンクーオリンの"Soul Love"から

原書:Soul Love: Awakening Your Heart Centers訳書:魂の愛自分の魂を呼んで融合したら、今度はハートセンターを開きます。本書では、次の3つのハートセンターが出てきます。 1. 心臓のあるところ (ハートセンター) 2. 頭のてっぺんの中心あたり (ヘッドセンター) 3. みぞおち (ソーラープレキサスセンター)7つのチャクラのうち、第3(ソーラープレキサスチャクラ)、第4(ハートチャクラ)、第7(クラウン...

自分の魂と融合するといい事ばかりーオリンの"Soul Love"から

原書:Soul Love: Awakening Your Heart Centers訳書:魂の愛soul planeに行く準備ができたら、いよいよ自分の魂に会いに行きます。本当のことを言うと、この辺りのサマリは難しいです。アーティストのように、頭で考えずにハートで感じるのが得意な人だったら、多分、ピピッと来るんでしょうね。わたしはどちらかというと左脳で考える方なので、苦手なんです。だから、かなり舌足らずになると思いますが、ご了承を。 自分の魂を呼...

魂が住むsoul planeに行く準備ーオリンの"Soul Love"から

原書:Soul Love: Awakening Your Heart Centers訳書:魂の愛こちらから、自分のソウル(魂)につながる必要があるということでしたが、そのためには魂が住んでいるsoul planeに行かなければなりません。そのための準備が必要です。ちょうど外国へ旅行するように、その国がどんな所か下調べをしたり、交通手段を考えたり、そこで使われる通貨を用意したり、衣服を整えたりといったことです。subpersonalityの協力を得るまず、人格...

魂にコンタクトを取る必要ーオリンの"Soul Love"から

原書:Soul Love: Awakening Your Heart Centersこちらの書、すでに訳書が出ていますが、中古でしか入手できないようです。アメリカのアマゾンのKindle版(上のリンクです)は2012年出版で、印刷した書の内容+新しい導入部と9つの図が付け加えられたということです。わたしは、2012年出版のKindle版を読みました。サネヤ・ロウマンがオリンという光の存在(Being of light)にチャネリングして著したシリーズの一冊です...

アセンションー5次元へ移行する準備

前の記事の続きでJim SelfとRoxane Burnett著の"How Do You Want to Be Seen? "という記事を見ていきます。前回では、わたしたちが3次元と4次元のプラットフォームを行ったり来たりしていることが分かりました。それから、4次元のプラットフォームは5次元に移行する"stepping stone(踏み石)"のようなところで、そこにずっと滞在することはないということも書かれていました。4次元のプラットフォームは「今」という時間しか...

アセンションー3次元と4次元のどちらのプラットフォームにいますか?

アセンションのことを初めて知ったのは、Patricia Diane Cota-RobesのWho Am I? Why Am I Hereという本がきっかけです。タイトルに引かれて読んだのですが、3次元から5次元に移行することが書いてあって驚きましたね。2011年のことです。そのときは、多分、日本のネットではあまり見かけなかったように記憶しています。それから、またたく間に、いろんなところで聞かれるようになりました。初めは半信半疑だったのですが、ス...