Congressはヒヒの集団?

日本語では、厚み、大きさ、重さ、種類などで、物や動物の数え方が違いますよね。~枚、~本、~個、~頭、~匹、というように。これは日本語を学ぶ外国人にとって頭が痛いことでしょうが、英語だって、集団や群れを表すのに、動物や虫によって違い、ネイティブでないわたしたちの頭痛の種になります。でもその表現がちょっとユーモラスだったりします。 よく知られているのは a herd of cows ですね。他には a flock of chicke...

言葉の違いを考えてみました

前から気になっていたのですが、これを機会にちょっと調べてみました。 まず、empathy、sympathy、compassionの違い。どれも辞書をみると「同情」とか「共感」になるのですが、やはり、それぞれニュアンスが違います。検索してみると、ネイティブでも意見が分かれるようなので、独断でこうかなと思ったことをまとめてみます。 Empathy     相手の感情を肌で感じる。 これを無意識に行う人をempath(エンパス)と...

簡潔な英語

英語には、生き生きと簡潔で直接的な表現があっておもしろいと思いました。 たとえば、     Watch your thought     Walk the talk "Watch your thought"とは、「自分の思考に気をつけなさい」ということですが、日本語だとなんか冗長で、もひとつインパクトに欠けると思いませんか?  "Walk the talk"とは、日本語で「有言実行」のことですが、熟語になると、頭を素通りするようで、心にひび...