自分の価値に従った人生を送るために

Designed by Freepik前回と同じくThe Man Who Wanted to Be Happyからです。自分に嘘をつかない主人公は、3度目の訪問のとき、嘘をつかないことの大切さを教えられます。若いお手伝いの女性が出してくれた地元のデザートを、本当は欲しくないのに相手が気を悪くしたらと思って断れなかったとき、賢者がどうしてまた嘘をついたのかと尋ねました。せっかく出してくれた食べ物が嫌いで、バリ島の人たちのようにそのネバネバした食べ...

幸せのために苦しみを手放すー"Happiness Now"から

Happiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastに戻ります。本書のサマリは今回が最後です。自分にとって大切なことを優先させる一日の時間が早いと思いませんか? この頃、自分にとって楽しいこと、大切なことを優先させないと時間切れになってしまうと少々焦りを感じています。ということで、本書の"Remember What's Important!"というセクションの内容はまったく同感を覚えました。幸福を感じていない人たちは、自分に...

自分の人生に関わる人は贈り物を持っている ー"Happiness Now"から

Happiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastの続きです。意図を設定することが大切朝の気分でその日のトーンが決まるとよく言われますが、著者もそのことを言っていました。けれども、身支度を整えるといった身体の準備に95%くらいかけて、後の5%くらいが精神方面の準備だったりしますよね。どんな日にしようかということを考えて一日を始める人も少ないでしょう。多分。きょうは何をしようと思っても、どんな日に...

愛は幸福の絶対鍵 ー"Happiness Now"から

Happiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastの続きです。今回は愛と幸福の関係についてです。ハッピーになろうと思えば、まず愛することから始めねばなりません。愛と恐怖ところで、愛の対極にあるのは恐怖だそうです。愛と恐怖は単なる感情ではなくて、これは、二つの相異なる考え方/心の持ち方(frames of mind)です。普通、わたしたちはこの両極の間を行ったり来たりしているようです。頭の中で起こる二つの声のや...

不幸の実態と癒しについてー"Happiness Now"から

Designed by Bedneyimages / FreepikHappiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastに戻ります。今回は不幸せな感情を癒すことについてです。不幸とは生きていれば誰しも不幸せな気分になる時があります。ただ、そんなとき、意識が自分の苦痛だけに向けられて、その状態がずっと続くような錯覚に捉われてしまいがちです。こんなとき、これはいずれ過ぎ去るのだと思えば気持ちが楽になります。英語では、"This too shall pa...

幸せに条件や理由は要らないー"Happiness Now"から

Designed by Pressfoto / FreepikHappiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastに戻ります。今回は、条件を取り払って、本質に戻るとよいという話です。自己改善の落とし穴自分を向上させようと励んでいる人にありがちな落とし穴が、自分に厳しく、がんばりすぎてしまうことです。You make yourself miserable by your constant demands of 'must', 'ought' and 'should'.いつも、「~しなければならない」、「~するのが...

自己批判と罪悪感は幸福と共存できないー"Happiness Now"から

Designed by Jcomp / Freepik前回に引き続き、Happiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastです。自分に満足しないと幸福になれないということでした。そうでないと、自分には幸福になる価値がないと、自分で幸福をブロックしてしまうからです。幸福は自然な姿なのに。今回は自分を受け入れるときに障害となることについてです。自己批判と罪悪感は幸福と共存できないTo persist with a judgement of unworthiness and a...

自分自身に満足しなければ幸せになれないー"Happiness Now"から

前回に引き続き、Happiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastです。今回は、自分に満足していないと幸福を感じられないということについてです。自己批判は見る目を曇らせるアルコール中毒の例を挙げていますが、これは勝手に起こるのではないと言っています。症状であって病気ではないと。とにかく、あらゆる苦痛や病気、不幸として現われる現象の背後には、容赦のない自己批判があります。We don't get ill, when we'...