内面世界、声で分かる人間性ー"And There Was Light"から

And There Was Light: The Extraordinary Memoir of a Blind Hero of the French Resistance in World War IIの続きです。前回はこちらです。著者は、盲学校には行かずに、普通の学校に行くようになりました。これについて、両親にとても感謝しています。この先、社会生活する上で、疎外されないで皆と同じようにやっていけるようになることが、唯一の完全な治療だからです。もちろん、学校へ戻る前に、本人は点字を習得し、点字タ...

すべてが向こうからやって来るー "And There Was Light"から

Designed by Freepik前回に続いてAnd There Was Light: The Extraordinary Memoir of a Blind Hero of the French Resistance in World War IIです。著者のJacques Lusseyranが8歳で失明してから、新たに光を通して見るようになったことがとても興味深かったのですが、もう少し続きがあります。恐れると光が弱くなる著者自身、光が見えたことが信じられなくてテストをしたそうです。瞼を閉じてもう見えないと言い聞かせ、終いには...

盲目の人が見る世界ーAnd there was lightから

今回は、Jacques Lusseyranという人の自叙伝をご紹介します。著者はフランス人なので、これはフランス語から英語の訳書です。購入したのはもうずいぶん前で、そのときは、著者の内面の描写が多かったためか、内容をよく理解できなかったようで、それほど印象に残らなかったのすが、読み返してみると、すごいことが書いてあるなと感心しています。副題が"Blind Hero of the French Resistance"なんですが、著者は幼い頃に事故で視力...

決断ができないときの直感力の使い方

自分の直感力を磨きたいと常々思っているので、参考になる記事に出くわすと嬉しくなってしまいます。ということで、つい最近、目にしたErin Pavlinaさんのブログから。以前にも、彼女の記事を取り上げました。こちらとこちらです。誰もが直感力を持っているのですが、いつも確かな感触が得られるわけではないし、ときにはまったく分からないときもあります。特に、二者選択で迷ったとき。考えれば考えるほど分からなくなるし、直感...

誰にもある直感能力|自分のタイプを知っていますか?

一般に直感というと、頭の中に映像が浮かんで予知できるみたいな感覚があると思うのですが。でも、これは、直感能力タイプの一つに過ぎず、みんながみんなこれを持っているわけではありません。このビジュアルで直感を得る能力は、"clairvoyance"ですね。人によっては、音や匂いなど別の感覚が発達していて、そちらから直感を得ることができます。どんな人でも、直感に優れた感覚が1つや2つあるそうです。自分の直感能力のタイプ...

困難な状況を乗り越えるときに励みになるアドバイス

何度か取り上げているこの本、いいですよ。訳書がないのが残念ですが、人生の危機や逆境に遭遇したとき、ストレスで押しつぶされそうなとき、本書を読むと、心がなぐさめられ元気づけられるし、次のステップのインスピレーションが沸いてくると思います。著者自身の体験や、カウンセリングやインタビューで集めた他の人たちのストーリーから、総まとめで最後に50のアドバイスが載っていました。その中の20だけご紹介します。1...

潜在意識に質問して夢で答えを得る方法|Sleep On It

ここずっと決断しなければいけないことが次から次に出てきて少し疲れています。分からなくなると、人にアドバイスを受けたくなるのですが、結局、それは遠回りだという気がしてきました。Sleep On It以前にもご紹介した本書に、"Sleep On It"という方法が載っていました。寝て考えるですよね。潜在意識は知識や情報の宝庫なので、そこから答えを引き出す方法です。潜在意識はイメージでコミュニケートします。だから寝る前に質問し...

ハイヤーセルフとのコミュニケーションはオラクルカードが便利

こちらオラクルカードなんですが、ここ2、3ヶ月、毎日朝の時間にこのカードを使って、スピリットやハイヤーセルフにアドバイスをもらうようにしています。コレット・バロンーリードさんのサイトで$7のCard Reading Courseを取ったのがきっかけです。日本語版のカードがあったので上にリンクを貼っておきますね。わたしは、下のを使っています。ちなみに、Colette Baron-Reidの著書はかなり以前にこちらでご紹介済みです。以前...