一瞬一瞬を生きることー"And There Was Light"から

And There Was Light: The Extraordinary Memoir of a Blind Hero of the French Resistance in World War IIの続きです。前回はゲシュタポに尋問されて投獄されたところまででした。ブーヘンヴァルトへの道他の捕らえられたDefense de la France(DF)の仲間がどこにいるのか、自分と同じ運命をたどっているのかと考えられずにはいられませんでした。仲間のことが分かれば、苦しみは和らぐのにと思うのです。そんなある日、11月...

過酷な状況に対応する方法ー"And There Was Light"から

And There Was Light: The Extraordinary Memoir of a Blind Hero of the French Resistance in World War IIの続きです。前回はこちらです。1943年7月19日の夜、著者の自宅で、GeorgesとPhilippeとDefense de la France(DF)の活動について長いミーティングをしました。この夜は、人生で最も幸福に満たされたときの一つだったと著者は述懐しています。もう何ヶ月も密に関わってきたGeorgesとPhillippeとは、強い友情の絆で...

スピリットガイドのサインかどうかを確かめる方法

Designed by Freepikきょうは"And There Was Light"のサマリをお休みして、Erin Pavilinaさんのブログから、とても参考になった記事をご紹介します。誰にもスピリットガイド(守護霊)が付いているのはご存知ですよね。わたしたちが人生を歩むのを見守り、必要なときに、メッセージやサインを送って導き、助けてくれる存在です。これについて、Erinさんの説明がイメージしやすくて分かりやすいと思いました。人生を迷路にたとえて...

レジスタンスの結成ー"And There Was Light"から

And There Was Light: The Extraordinary Memoir of a Blind Hero of the French Resistance in World War IIの続きです。前回はこちらです。決意著者の親友のJeanには、亡くなったお父さんの友人でJeanをとても可愛がってくれる人がいました。4月のある晩、いつものように、Jeanがその人のところを訪れると、もうここにはいないと管理人に告げられます。2日前の朝5時に、ドイツ人の警官に連れて行かれたのです。その3人の警官...

占領下のパリ、形の見えない災難ー"And There Was Light"から

And There Was Light: The Extraordinary Memoir of a Blind Hero of the French Resistance in World War IIの続きです。前回はこちらです。ここまでは、盲目の著者が、音で見る世界、光の世界など、深い内面の世界を描写してくれて、目が見える者にとって参考になったのですが、ここからは戦争の体験になります。これも体験したことがないし、いろいろ勉強になりました。1938年ー戦争に関わる予感1938年3月12日、毎晩のよ...

直感力の優れた人がやっている10の方法

Designed by Freepikいつも、直感力を磨きたいと思っています。頭で考えることは限界がありますものね。さて、きょうは、しばらく前のHaffington Postの記事ですが、そちらをご紹介したいと思います。まず、直感力の定義について、"The Art of Intuition"の著者、Sophy Burnhamの言葉が引用されていました。こちらです:It’s different from thinking, it’s different from logic or analysis ... It’s a knowing without knowing....

音で見る世界ー"And There Was Light"から

And There Was Light: The Extraordinary Memoir of a Blind Hero of the French Resistance in World War IIの続きです。前回はこちらです。親友のJean著者と親友のJeanの関係は、本当に素晴らしくて妬みたくなるほどです。9年間の関係のうち、最初の7年間はいつも行動を共にして、お互いに、まったく秘密がありませんでした。出会ったのは11歳のときで、著者が知っている同年代の子供たちの中で、Jeanが一番純真だったと述懐...

二人を縛っていたエネルギーを解消する"cutting cords"という方法

今回は"And There Was Light"はお休みして、エネルギーの縛りを解消する"cutting cords"についてです。スピリチュアル系の話で'cutting cords'というフレーズがよく出てきます。これは、人と人との間のエネルギーコードを断ち切るという意味で、たとえば、失恋した相手をなかなか思い切れないときや、腐れ縁から解放されたいときなどに、'cutting cords'をするとよいとアドバイスされることが多いです。'Cutting cords'について、D...