FC2ブログ

現象の誘引に引き込まれない意志に基づくプロセス|ホーキンズ博士の著から

引き続きDiscovery of the Presence of God: Devotional Nondualityを見ていきます。波頭にとどまる現象は現れては消えていきます。感情や思考も波のようにわき起こっては後退していきます。将来の取り越し苦労をするのは、恐怖から将来をコントロールしようとする結果であることがよくあります。恐怖やコントロール、取り越し苦労は、経験という波の前面に焦点を置くのに関係しています。これに対して、思考や感情に波頭を過ぎて1...

エゴ/マインドが焦点を当てる経験者|ホーキンズ博士の著から

引き続きDiscovery of the Presence of God: Devotional Nondualityを見ていきます。マインドは、記憶装置や感情センター、条件反応を意識レベルに合わせて使いながら、入ってくるデータを分類したり、仕分けしたり、優先したり、状況説明したり、翻訳したりということを同時に行うプロセッサーです。この多層にわたる複雑な処理を1/10,000秒の間にやってのけ、(感情や重要度の推定が与えられた)思考やアイデア、イメージを同時...

スピリチュアルの道について|ホーキンズ博士の著から

引き続きDiscovery of the Presence of God: Devotional Nondualityを見ていきます。Paradoxically, the way of nonduality is the 'doing' of undoing. There is nonreliance on scripture or external authority. Truth stands revealed on its own without proclamation or need of aggrandizement.逆説的に言えば、非二元性の道は、これまで行ったことを無効にするという行為をすることです。聖書や外部の権威者に頼ることは...

スピリチュアルの修行|ホーキンズ博士の著から

前回の続きでDiscovery of the Presence of God: Devotional Nondualityを見ていきます。ここでは、スピリチュアルの修行の中の瞑想と静観を詳しく説明しています。瞑想The intent of meditation is detachment, especially detachment from the notion that the thoughts are 'mine' or represent 'me'.瞑想の目的は超然とした心境になることで、特に、思考が自分のものだとか、自分を表しているという観念から離れることです。自...

スピリチュアルの方向づけ|ホーキンズ博士の著から

12月は忙しくて、少し間が空いてしまいました。では、前回の続きでDiscovery of the Presence of God: Devotional Nondualityを見ていきます。スピリチュアルの進化は、ある所までは、教育や情報による知的ワーク(リニア)によって支持されますが、その後はノンリニアの領域に入り、主観的な経験そのものにシフトします。この時点で必要なワークは「手放すこと」です。英語では'relinquishing, letting go, and surrendering'と...

スピリチュアルのプロセスは内観に|ホーキンズ博士の著から

前回の続きでDiscovery of the Presence of God: Devotional Nondualityを見ていきます。スピリチュアルのプロセスは内観にあります。英語で'the inner path'です。内なる道で内観かなと。All people live by faith.どんな人も信念によって生きています。違うのは何を信じているかということで、これは意識レベルによって変わってきます。快楽と生存に基づいて生きるのに満足している人も中にはいますが、多数は、偉大な教師、預言...

非二元性を得るために一意専心が大切|ホーキンズ博士の著から

David Hawkins博士の書、"Discovery of The Presence of God"を見ていきたいと思います。博士の書は、聞きなれない難しい言葉がよく出てくるのと、言い回しが分かりにくいので理解するのに悪戦苦闘します。本書の訳書は出ていないようですが、アメリカのアマゾンではかなりレビューがよいので、がんばって紹介しますね。タイトルにあるように、「神の存在を発見する」ためのガイドブックみたいな感じですね。第一部はスピリチュア...

自分を苦しめる思いを寛大な思いに代えます|ルイーズヘイのアファメーションから

ルイーズ・ヘイのMeditations to Heal Your Lifeからです。本書は今回が最後です。I replace punishing thoughts with forgiving thoughts. 自分を苦しめる思いを寛大な思いに代えます。苦しいとか痛いとかいう思いが起こると苦痛が増しますよね。ルイーズは、「苦痛」を「感覚」に置き換えることがよくあるそうです。どこか体が痛いと思ったとき、いろいろな感覚が起こっていると言い換えるのです。そうすると、意識の焦点が癒し...