盲目の人が見る世界ーAnd there was lightから

今回は、Jacques Lusseyranという人の自叙伝をご紹介します。著者はフランス人なので、これはフランス語から英語の訳書です。購入したのはもうずいぶん前で、そのときは、著者の内面の描写が多かったためか、内容をよく理解できなかったようで、それほど印象に残らなかったのすが、読み返してみると、すごいことが書いてあるなと感心しています。副題が"Blind Hero of the French Resistance"なんですが、著者は幼い頃に事故で視力...

エイブラハムの教え(引き寄せの法則)ー日めくりカレンダーから

エイブラハムの教え(引き寄せの法則)が日めくりで読めるカレンダーを持っているのですが(下がそれです)、今回はその中から抜粋してみたいと思います。自分に言い聞かせる意味でも。法則「引き寄せの法則」の基本を教えてくれるのが2月7日のメッセージでした。If there is something you desire that you currently do not have, you need only put your attention upon it. and, by the Law of Attraction, it will come to ...

自分の価値に従った人生を送るために

Designed by Freepik前回と同じくThe Man Who Wanted to Be Happyからです。自分に嘘をつかない主人公は、3度目の訪問のとき、嘘をつかないことの大切さを教えられます。若いお手伝いの女性が出してくれた地元のデザートを、本当は欲しくないのに相手が気を悪くしたらと思って断れなかったとき、賢者がどうしてまた嘘をついたのかと尋ねました。せっかく出してくれた食べ物が嫌いで、バリ島の人たちのようにそのネバネバした食べ...

人生のすべては自分の信念が元になっています

今回はこちらの書からです。バリ島で旅が終わりに近づいたころ、主人公が日本の首相も癒したという有名な賢者に会いに行くところから話が始まります。主人公と賢者との会話、賢者の教えを考察する主人公が大切なレッスンを学んでいくという短い小説の形を取っています。英語も平易で読みやすいですよ。賢者にどこが悪いのかと聞かれたとき、ただ好奇心で賢者に会いに来ただけで体のどこも悪くなかったので、気恥ずかしい思いで'che...

幸せのために苦しみを手放すー"Happiness Now"から

Happiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastに戻ります。本書のサマリは今回が最後です。自分にとって大切なことを優先させる一日の時間が早いと思いませんか? この頃、自分にとって楽しいこと、大切なことを優先させないと時間切れになってしまうと少々焦りを感じています。ということで、本書の"Remember What's Important!"というセクションの内容はまったく同感を覚えました。幸福を感じていない人たちは、自分に...

自分や他人のアイデンティティを取り違えると自由を失う

本書はまだ読み始めたばかりですが、印象の新鮮なうちにご紹介します。いかにして自由に生きるかのヒントが盛り沢山のようですよ。第1章には、自由を阻むtrap(落とし穴)が列記されています。まず、"The Identity Traps"です。これを適当な日本語にするのが難しいので、内容から見ていきたいと思います。このトラップには次の2つがあります。(1) the belief that you should be someone other than yourself.(2) the assumption ...

自分の人生に関わる人は贈り物を持っている ー"Happiness Now"から

Happiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastの続きです。意図を設定することが大切朝の気分でその日のトーンが決まるとよく言われますが、著者もそのことを言っていました。けれども、身支度を整えるといった身体の準備に95%くらいかけて、後の5%くらいが精神方面の準備だったりしますよね。どんな日にしようかということを考えて一日を始める人も少ないでしょう。多分。きょうは何をしようと思っても、どんな日に...

愛は幸福の絶対鍵 ー"Happiness Now"から

Happiness Now: Timeless Wisdom for Feeling Good Fastの続きです。今回は愛と幸福の関係についてです。ハッピーになろうと思えば、まず愛することから始めねばなりません。愛と恐怖ところで、愛の対極にあるのは恐怖だそうです。愛と恐怖は単なる感情ではなくて、これは、二つの相異なる考え方/心の持ち方(frames of mind)です。普通、わたしたちはこの両極の間を行ったり来たりしているようです。頭の中で起こる二つの声のや...